[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

ここだけは押さえておこう!賃貸物件の選び方チェックポイント!

2017年1月6日
約 1 分
ここだけは押さえておこう!賃貸物件の選び方チェックポイント!

初めての一人暮らしで住むことになる部屋は、最初にしっかりチェックしておかないと入居した後に「こんなはずじゃなかった」ということになりがちです。今回は賃貸物件を選ぶ際にこれだけは絶対にチェックしておきたいポイントをまとめました。

最寄り駅の路線情報を把握する

賃貸の物件の選び方でまずよく見ておきたいのが、その物件の最寄り駅とその路線情報です。ついつい家賃に目が向いてしまいがちですが、最寄り駅が快速や特急の停車しない駅だった場合などに家賃が低く設定されることがよくあります。また自分が通う学校や会社へのアクセスがしやすいか、乗り換えにかかる時間なども合わせて調べておくことも大切です。万が一電車の遅延などがあった場合、電車以外の交通手段があるかどうかなど、周辺の情報も把握しておかないと通勤通学だけで体力を消耗するだけでなくストレスにもなりかねません。賃貸物件は家賃の安さも大切ですが、最寄り駅までどれぐらい時間がかかるのか、また最寄り駅からのアクセスが多いか少ないかも選び方のポイントで重要になります。自分が利用する沿線の周辺で物件探しをすることも必要です。

スーパーやコンビニなど周辺の商業・公共施設は充実しているか

一人暮らしで自炊を頑張ろう、と色々考えていても実際には難しいものです。また休日の過ごし方についても、自分が住む場所の周辺にどのような施設があるのかよく知らないまま賃貸物件を選んでしまうと、実際に生活を始めた時に困ることになります。賃貸物件の選び方としてまず大切なのは周囲の環境です。一人暮らしではすぐに生活用品がそろわないもの。でもトイレットペーパーなどすぐに必要になるものは、あらかじめ用意するより近所にスーパーやコンビニがあると手間がかかりません。また自炊が難しい場合にお総菜を買ったりするにもスーパーがあると便利です。さらに大きな商業施設があれば家具やカーテンなど生活が落ち着いてから買いそろえたいものを選んだり、休日を過ごすこともできます。そして賃貸物件を選ぶ際に、見落としがちなのが病院や公共の施設です。生活を始めてから色々と起こりがちなトラブルに対応できるよう、住む場所の周りにどんな施設があるのかしっかり把握しておくことが大切です。

スマホやインターネットの通信環境はストレスがないかチェックする

私たちの生活になくてはならないスマホやインターネット。しかし住む場所によって通信環境に違いがあります。特にマンションなどはインターネット回線が共通のものが設置されているので、その賃貸物件の通信状況によっては高速インターネットが使用できない場合もあります。またよくあるのがスマホのアンテナが弱い場所にある物件です。入居してみたら電波が弱く通話ができないということもよくあります。賃貸物件でしっかりとした通信状況にあるかどうか、事前に下見をして確認することが必要です。固定電話ではなく携帯電話を持つことが当たり前になっているだけに、よりよい賃貸物件の選び方として通信環境は特に重要なポイントです。また回線の工事の関係もあるので、インターネット回線については事前に確認しておき、入居後にトラブルにならないようにすることも大切です。

自分の生活スタイルにあった間取りになっているか

今までの自分の生活スタイルとがらりと変わった生活を始めることは、実は難しいものです。できれば今までの自分のスタイルを崩さないような間取りの部屋を選びたいものです。しかし賃貸物件で自分に合った間取りの部屋を選ぶのは難しいものです。選び方としては、寝室と生活する場所を分けるか分けないか、部屋数を増やすか部屋の広さを取るかといったことになります。部屋の広さを取るなら、キッチンと一体化した部屋ならスペースが広くなります。寝る場所と生活する場を別々にすれば、生活にメリハリをつけることはできますが、それに伴い家賃も高くなります。また仕切りがあって必要に応じて部屋を分けることができるタイプの部屋もありますので、自分の生活にあったスタイルの部屋を選ぶことも必要です。また狭い部屋でもロフトタイプなど省スペースで生活の場を分けることができる部屋などもありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)