[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

賃貸情報サイトを見て物件を探すおすすめの方法とは?

2016年10月26日
約 1 分
賃貸情報サイトを見て物件を探すおすすめの方法とは?

大学入学や就職、転職といった人生の節目ともいえるような時期が訪れると「新生活を機に一人暮らしを始めてみよう」と考える人が多くなるのではないでしょうか。なかには「信頼できる賃貸情報サイトを利用したいけど、CMでよく聞くサイトだけでもいくつもあるし…。一体どこで探せばいいのだろう」と、途方にくれる人もいると思います。今回はそんな1人暮らし初心者の方でも躓かない賃貸情報サイトの選び方をまとめてみました。

賃貸情報サイトに載っている物件は基本的にどこも一緒

いざ物件探しを始めてみると、あるサイトで「この部屋いいな」とブックマークした物件の情報が、別のサイトにも掲載されているという体験をしたことがあると思います。間取りも住所も、部屋番号さえ同じはずなのに両者は一体なにが違うのだろうときっと混乱してしまうことでしょう。でも実は、どこのサイトで問い合わせたとしても紹介される物件自体はまったく同じものなのです。

ではなぜ複数のサイトで同じ物件についての掲載があるのでしょうか。この疑問については賃貸情報サイトの仕組みについて知ってしまえば解決します。簡潔に言えば賃貸情報サイトには大きく分けて3つの種類があるのです。ここではそれぞれA、B、Cと名付けて説明していきます。まずAは、自社物件の情報を掲載するサイトです。Bは他社物件を掲載するサイトで、当然そこには他社であるAの物件の情報が掲載される可能性があります。CはA+Bの物件情報を二次転載するサイトで、となるとAとBのどちらの物件情報も掲載され得るのです。このようにして「気になる物件が複数のサイトに掲載されている」という事態になるわけですが、結局はどのサイトで問い合わせようと紹介される物件自体は同じものなので、そういう点ではどのサイトがおすすめなのかと悩む必要はありません。

賃貸情報サイトの選び方はオプションや特典で利用するサイトを決める

では、住みたいと思った物件が複数の賃貸情報サイトに掲載されていた場合、結局どのサイトから問い合わせればいいのでしょうか?賃貸情報サイトのなかには他のサイトとの差別化を図るため、他とは違うオプションや特典を付けているサイトがあります。物件を借りる側からすればそういったものを比べて利用するサイトを決める方がおすすめですし、賢いやり方でしょう。具体的に特典とは、大手のサイトの場合ですとポイントサービスを運営する他社に加盟し、物件の契約成立の際にそのポイントをプレゼントするというキャンペーンを不定期に行っていることが多いです。他にも従来とは異なるビジネスモデルでサイト運営をすることによって、契約成立者に1万円のキャッシュバックを可能にしたところもあります。これは、「物件の掲載や問合せで不動産会社から料金をもらう」という賃貸情報サイトの一般的なやり方は取らず、契約が成立した場合にのみ料金が発生するという完全報酬制のやり方を取っています。賃貸情報サイトを選ぶときには是非、オプションや特典を決め手にすることをおすすめします。

賃貸情報サイトを見た上で不動産会社にも直接聞いてみる

賃貸情報サイトで気になる物件の目星がついたら、次は不動産会社へ行って直接聞いてみましょう。いきなり不動産会社に行くのと、サイトを見てから行くのとではどちらが良いのかという話をよく聞きますが、後者をおすすめします。住みたい部屋の条件がある程度決まっている状態の方が実際の物件を見て回るのに単純に効率がいいからです。部屋を見てもし気に入らなかったとしても、その条件に近い別の物件をスタッフの方が紹介してくれるといったメリットもあります。また、いきなり不動産会社に行くのには抵抗があるという方も多いと思いますが、事前に賃貸情報サイトで目星をつけた状態ですとそのハードルを幾分か下げることも出来るでしょう。ネットで写真を見て気に入った部屋でも行ってみたら思っていたのと違っていたということは往々にしてありますし、サイトの情報だけを見て悩んでいるとすでに入居者が決まっている物件情報だったということもあります。悪戯に時間を無駄にしないためにも、気になる物件が見つかったら積極的に不動産会社の方に直接聞いてみましょう。

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)