[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

可愛くスタイリッシュに!一人暮らしの女子部屋をおしゃれにするポイント!

2016年12月21日
約 1 分
可愛くスタイリッシュに!一人暮らしの女子部屋をおしゃれにするポイント!

一人暮らしを始める女子にとって、最初の楽しみと言えばお部屋のインテリアを考えることではないでしょうか。しかし、一人暮らしのインテリアを可愛く、そしてスタイリッシュに仕上げるにはちょっとした工夫が必要になります。そんなおしゃれな部屋を作るためのポイントをいくつか挙げてみました。

部屋を広く見せるために目線を遮らないように家具を配置する

まず一人暮らしの部屋をステキに見せるポイントの1つは、その部屋をスッキリ広く見せることです。空間の広さは同じでもインテリア次第で部屋は広く見えたり、逆に狭く感じられたりします。そして、その広さの感覚に重要に関わってくるのは家具の配置です。例えば、玄関から部屋の奥までスッキリ見通せる家具の配置の場合と、部屋の真ん中に大きな家具があり、そこで一度視界が途絶えてしまう配置の場合ではどちらの方が広く見えるでしょうか。当然、奥まで見通せた方が目線が遮られず、広さを感じることができることができますね。しかし、女子の場合は見通しが良すぎることにも抵抗がある人もいるでしょう。そんな場合にはぜひ透け感のある家具やアイテムを使ってみてはいかがでしょうか。ビーズ素材の暖簾や、背板のないタイプの低い棚などは軽く視界を遮りつつ、見通しの良さは活かせる優秀なアイテムです。

テーマを決めて統一感作る

そして、一人暮らしの部屋の家具やファブリックなどを決める際に決めておかなければいけないポイントは、どのようなテーマの部屋にするかということです。実家と違い、一人暮らしの部屋にはキッチンやバスルーム、トイレといったスペースもあり、これらのイメージを統一することで洗練されたおしゃれ感のある部屋を作ることができます。テーマによってセレクトする家具も変わってきますから、できるだけ早くイメージを考えておきましょう。そして、そのテーマづくりに最も有効なのが色の使い方です。テーマに合った色をメインとして1つか2つ決め、それに少し差し色として1色加えるとスタイリッシュな仕上がりになります。女子の場合はピンク系やブルー系の淡い色をメインカラーにすることが多いと思いますが、そこに10%程度の濃い目の色を加えると柔らかさの中にも締まるところができ、おしゃれ感がアップしますよ。

間接照明で素敵な空間を作る

次に一人暮らしの部屋づくりのポイントとして挙げるのは、照明の効果を十分に活かすということです。メインの照明は物件によって最初からついている場合とそうでない場合がありますが、そのどちらの場合でも活用できるのが間接照明です。間接照明は部屋の明るさという意味では無くてもいいものなのですが、これを上手に活用することによって部屋を格段にセンスアップできます。例えば、間接照明をセッティングする際に重要なのはその位置です。間接照明には視線を集める効果がありますから、床に直接置いて視点を低くしたり、お気に入りのインテリアのそばに置いてライトアップ効果で空間を演出することも可能です。また、照明には蛍光色や電球色といった色合いがありますが、その中でも温かみのある電球色の光は肌をきれいに見せる効果がありますから、女子の部屋には最適です。

収納家具や機能を活用してスッキリした部屋にする

そして最後に考えたいのは、一人暮らしの部屋をおしゃれにするための収納のポイントです。いくらインテリアがステキでも収納が上手くできず、部屋に洋服や小物が散らかっているようでは、女子の部屋としては合格とは言えませんね。そこで収納家具や部屋の機能を最大限に生かす収納を実行しましょう。まず、収納の一番の味方はクローゼットや押し入れなどの大型収納です。ここにすべてのものが入ってしまえば部屋はとてもスッキリしますから、ワザありのハンガーや収納用のアイテムを使って上手に収納していきましょう。しかし、そのような大型の収納がない場合や、ものが多くて入りきらない場合もありますね。そんな時に活用したいのがおしゃれで機能的な収納家具です。前述で述べたようにインテリアのテーマに合わせた家具をセレクトし、視界を遮らない位置に設置すれば、空間のセンスアップアイテムとして活かすことができますよ。

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)