[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

大学生はみんなどこで勉強しているの?

2016年8月8日
約 1 分
大学生はみんなどこで勉強しているの?

・自宅

ほとんどの人が自宅で勉強されているようです。外の方が集中できるかと思いきや、ちょっとした時間でも進められるという理由で結局自宅で勉強される方が多いようです。デメリットとしては、自宅だとつい自分に甘くなってしまう可能性があるということです。勉強以外のものが気になってしまったり、周りからの目を全くきにする必要がないのでついだらけてしまったりということが起こりやすいとも言えます。気持ち的に楽な分、自分に厳しい人でないと誘惑に負けてしまうというのがデメリットですね。

・大学の図書館

大学の図書館は静かで広くてとても勉強しやすい環境ではないかと思います。取り扱っている文献も多いですし、パソコンが完備されているかと思いますので、調べ物をするにもピッタリですよね。普段手にしないような書籍や、なかなか買うことのできない参考書等、大学の図書館ならではの物を是非探してみてください。また、デメリットとしては、利用時間が限られているということです。学校の近くにお住まいの方であれば、授業のない日でも行くことは可能かと思いますが、遠方にお住まいの方は、わざわざ図書館の利用のためだけに学校に行くのは面倒臭いかと思います。授業の空き時間や休み時間等を上手に使って是非図書館での勉強を満喫してくださいね。

・カフェ

カフェの良い香りと落ち着いたBGM。リラックス状態で、勉強がはかどるのはカフェでの勉強の魅力ですよね。適度に人もいるわけですから、自宅での勉強のようにリラックスしすぎてダラダラしてしまうこともないし、かといって、図書館のように静かにしていないといけないというわけでもないし、ちょうど良い勉強環境なのではないかと思います。デメリットとしては、カフェはお金がかかるという点です。毎日カフェ通いともなれば、一ヶ月のケフェ代金は意外としてしまうことになります。お気に入りのカフェ等があるかもしれませんが、お財布との相談も必要かもしれませんね。

・学外の図書館

先ほど、「学校の図書館」のお話をしましたが、何も学校のではなく、地元や別の図書館を利用されている方もいるようです。大学の図書館とは違うかもしれませんが、それでも、静かに集中できる環境という点では変わりありませんよね。また、地元にそう言った図書館がある場合には、授業の有無を気にせずに、利用時間の幅が広がるかと思います。デメリットは、専門書の扱い範囲が大学のものとは違うということかもしれませんね。

・まとめ

以上が、大学生が勉強するのに利用する場所の話になります。どんな場所でも、集中できるかどうかはひとそれぞれですので、自分に合った場所を見つけられるといいですね。

 

 

 

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)