[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

授業中に睡魔が襲ってきた!試してみたい眠気覚し方法7選!

2016年8月3日
約 1 分
授業中に睡魔が襲ってきた!試してみたい眠気覚し方法7選!

「授業に集中しなくてはいけないのはわかっている。でも、この睡魔、どうにもならない…!」という時ってありますよね。そんな時に、気軽に試せる眠気覚まし方法はないのか考えていきたいと思います。

・顔を洗う

洗顔料を使う必要はありません。化粧室に行き、冷たい水でパシャパシャと顔を洗えば良いのです。すっきりして目が覚めるのではないでしょうか?しかし、女性の場合は多くの方がお化粧をしていますので、お化粧直しをする余裕がある時にしか難しそうですね。

・目薬

清涼感のある目薬の使用も、眠気覚ましには効果的かと思います。薬局に行くと様々な種類があり、清涼感のレベルも色々な物が置いてあるかと思います。金額も色々ですので、自分に合った眠気覚ましに効く目薬を一つ持っておくと良いかもしれませんね。

・ガムを噛む、メントール系のタブレットを噛む

授業を受ける学生としては、授業中にガムを噛むのはよくない行為かと思います。マスクをしている時や大勢の授業など、教授に全く気付かれず、嫌な思いをさせないようであれば、自己責任で噛むのはありかと思います。メントール効果の高い刺激のあるガムやタブレットでしたら、効き目は大きいかと思います。

・歯を磨く

歯磨きをすることで、歯茎へ直接的な刺激、メントール効果のある歯磨き粉やマウスウォッシュによる刺激、などにより、眠気を覚ます効果が期待できます。また、歯磨きの際に腕を動かしますので、それにより目が覚めるということもあるでしょう。

・カフェイン入り飲料

眠気覚ましの飲料といえば、コーヒーが定番ですよね。しかし、実は、コーヒーだけではないのです。コーヒーが眠気覚ましに良いとされているのはカフェインが関係していますが、このカフェインは緑茶や紅茶にも含まれているのです。カフェインのもたらす作用はいくつかありますが、そのうちの一つとして「覚醒作用」があります。それが眠気覚ましに有効と言われているのです。この覚醒効果は8時間〜14時間ほど持続されると言われていますので、ご自身の就寝時間と合わせて、最低でも8時間前には飲み終わっていたいということになります。

・短い昼寝

小さいお子さんは昼寝をしますよね。しかし、大人で昼寝をする方は、日本ではあまりいないかと思います。(海外では、シエスタと言って、昼寝の文化のある国もあるようですが…。)昼寝は、時間と時間帯によって良くも悪くも作用するものです。15時までの間で20分間までの昼寝でしたら、夜の睡眠の妨げにもならず、昼寝後の気怠さもなく、午後の作業に集中して取り組めるプラスの作用となるかと思います。しかし、それ以外の条件下での昼寝は、体の活動リズムを乱し却って眠気や怠惰感を増しますので、注意してください。適度な昼寝を上手く取り入れられるといいですよね。

・手のツボ押し

眠気対策に必要なものが手元に何もない!という時の必殺技が手のツボ押しです。これでしたら、誰でもいつでもできますよね。刺激を感じる部分はひとそれぞれですし、自分で行う分には加減もできますので、試してみる価値はあるかと思います。

・まとめ

以上が、テスト前の眠気覚しについての話になります。参考になるものはあったでしょうか?他にも、「息止め」や「座ったままでできる運動(ふくらはぎ運動など)」「七味唐辛子を舐める」など、面白い眠気覚ましを行っている人もいるようですので、自分に合った方法を見つけ出して、授業中の睡魔との戦いに役立ててみてくださいね。

 

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)