[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

日本の大学生は小学生より勉強していない?大学生が勉強しないとまずい理由

2016年11月28日
約 1 分
日本の大学生は小学生より勉強していない?大学生が勉強しないとまずい理由

日本では、大学進学と同時に、学生は勉強しなくなる傾向があります。けれど、現在は就職活動もグローバル化が進んでおり、海外の優秀な学生に注目している企業はとても多いです。もしも満足できる就職をしたいなら、大学時代の過ごし方は重要です。

日本の大学生は小学生より勉強していない

日本の大学生は、大学に合格した途端に勉強することを辞めてしまう傾向があります。その理由として、小学生の頃から大学合格を目標にしているからです。大学に合格することを目指して勉強してきたために、入学した後に意欲は失われるケースは多々あります。

また、日本の受験勉強は過酷ですから、子どもの頃から遊び時間を制限されていた学生は多いです。その反動として、大学に進学した後はサークル活動に参加したり、趣味に熱中したりして、楽しい日々を過ごしたいと考えます。さらに、自由に使えるお金を得るために、アルバイトに励む学生も見受けられます。中には、アルバイトのシフトを多く入れすぎたために、学業に支障が出る場合もあります。このように、日本の大学生は勉強をおろそかにしがちです。受験勉強に明け暮れていた小学生の方が勉強に時間を費やしています。

企業の就活活動では海外の学生が注目を集めている

大学時代に勉強をしなくても、海外の大学と比べたら、日本の大学生は簡単に卒業することができます。けれど、知識や技能を身につけていない大学生は、就活では不利です。なぜなら、勉強に不熱心な学生であり、働くために必要な知識や技能を会得していないから能力が劣っていると、企業から認識されてしまうためです。日本の大学生とは対照的に、海外の大学生は卒業するために必死に勉強をします。大学で過ごす大半の時間を勉強に費やしますので、学生としてふさわしい知識と技能を習得しています。このような背景から、海外の学生に注目する企業が増加しています。中には、英語だけではなく、日本語を習得している学生もいるからです。企業としては、優秀な人材なら国内外の区別をせずに採用したいと願っています。今後も海外の学生に対する関心は高まると予測されています。グローバル化の影響で就活活動で日本の大学生は取り残されしまう  “世界的にグローバル化が進んでいますが、就活でも同じ風潮が見受けられます。小学生よりも勉強しないと言われている大学生よりも、熱心に勉強してきた海外の大学生の方が優秀だと認識されているからです。そのために、海外の大学生に対して、関心を持つ企業が増加しています。積極的に採用している企業は増えています。このような事情を知らないで大学生活を過ごしていたら、日本の大学生は就活で取り残されてしまいます。もしも就活で成功したいなら、大学に進学した後も勉強を続けることが大事です。講義に出席して熱心にノートを取ったり、自発的に研究や実験を行ったりすることはとても重要です。卒業するまでに多くの知識や技能を身につけることができますから、就活で有利になります。大学に合格した後も、引き続き勉強を続ける姿勢を貫きましょう。

まとめ

日本の大学生は小学生よりも勉強をしないと言われています。その理由として、子どもの頃から大学合格が目的であることが挙げられています。さらに、受験勉強が厳しかった反動として、大学時代に遊んでしまうことも理由の一つとなっています。このような状況を放置していたら、就活ではとても不利な状況となってしまいます。なぜなら、就活においてもグローバル化が進んでいるからです。そのために、勉強しない日本の大学生よりも、勉強に熱心で能力的に優れている海外の大学生を採用したいと考えている企業が増加しています。海外の大学生でも、優秀ならば企業に大きな利益をもたらすからです。もしも就活で納得できる成果を得たいと望んでいるなら、大学での過ごし方はとても大事です。真面目に講義に出席するほかに、自発的に勉強する方法も有効です。

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)