[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

大学生の昼食事情!お金・楽さ・栄養面、何を優先させる!?

2016年8月5日
約 1 分
大学生の昼食事情!お金・楽さ・栄養面、何を優先させる!?

大学生はどのような昼食を取っているのでしょうか?

学食?お弁当?外食?購買?

それぞれのメリット・デメリットを考えていきたいと思います。

 

・学食

学食のメリットは、「楽だし外食よりかは安い」ということでしょうか。その時に食べたいと思ったものを温かい状態で美味しくいただけるというのは良いですよね。また、お弁当のように荷物になったり、食器を洗う必要もないので楽チンかと思います。しかし、安いとは言っても、500円くらいはしますので、毎回学食となると一ヶ月の食費は意外とかさむのではないかと思います。お金と楽さのどちらを取るかですよね。

・お弁当

お弁当のメリットは、やはり何と言っても「お金がかからないこと」ですよね。

工夫をすれば一食300円ほどで作れちゃいますので、お金のない学生にとっては節約の王道ですよね。また、自分で作るわけですから、自分の好きなものを入れられます。前日のおかずを詰めるなどをすれば、食材を無駄にすることもなく食費をコントロールできるのではないかと思います。デメリットとしては、作らなくてはいけないという手間です。もともと料理が得意な人であれば、楽しんで続けられるかと思いますが、そうでない人にとっては、毎日作るのが苦痛で仕方ないかと思います。あるいは、レパートリーが少なかったりし、栄養バランスが取れないという事態にもなりえます。

・外食

学校の近くのファミレスや牛丼屋、ファストフードを利用する人も多いのではないでしょうか?メリットは学食と同じく、その時に食べたいものを温かいままでいただけるということでしょうかね。しかし、学食とは違って値段が張ります。ファストフードや牛丼屋さんはコスパ的には良いかもしれませんが、ファミレス等になるとやはり多少はお値段しますよね。たまにの楽しみ程度ならいいかもしれませんが、毎日となると結構な出費になるかと思います。

・購買

購買や学内のコンビニ等で購入してお昼を済ませてしまう人もいるかと思います。学内のコンビニでしたら、その学生ならではの割引きなどを行っているところもありますよね。デメリットとしては、やはり栄養バランスの点ですかね。コンビニの食品は、数日間放置していても腐らないものばかりですので、逆に言うと新鮮さや栄養面でのレベルは低いということかと思います。ひえひえのお弁当をレンジアップしたところで、できたてのものを温かく食べるのとでは全く違いますので、毎日コンビニ食材というのは避けたいところですね。

・まとめ

以上が、大学生の昼食事情についてまとめたものになります。節約面、栄養面、両方考えた上で、バランスよく摂るようにしてみたらいかがでしょうか?参考にしてみてくださいね。

 

 

 

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)