[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

一人暮らしを始める学生に必要な家電・家具・インテリアとは

2016年7月15日
約 1 分
一人暮らしを始める学生に必要な家電・家具・インテリアとは

一人暮らしにあこがれていた時とは違って、実際に生活を始めようとすると、何をどうするのがよいか、迷うことも多くあります。ここでは、学生が快適に暮らしていくのに必要な家電や家具について提案し、また、心休まる一人暮らしの空間を演出するインテリアについても考えていきます。

 住む家に常備されているものを確認しよう

学生が一人暮らしをする家にどのようなものが常備されているかを確かめる必要があります。
ワンルームに住むケースも多いでしょうが、一口にワンルームと言っても、バストイレやキッチンの有無により生活は異なってきます。水回りをすべてシェアする形の住まい方も増えているので、一人暮らしをする人がどういった形での生活を希望するのか、明確なビジョンを持つことが大事です。
具体的なこととしては、コンセントの数なども確認する必要があります。PCと周辺機器用、またテレビ用としても必要ですし、冷蔵庫やレンジなどを使う上でも必要です。また、インターネット接続が可能かということも確認しておきましょう。
多くの部屋には収納スペースがありますが、和室風の押し入れ型なのか、洋室によくある戸棚型なのかも確かめた上で、インテリアを決めていくとよいでしょう。

 一人暮らしを始めるのに必要なものとは

テーブルと寝具は、学生が一人暮らしをする上での必需品です。椅子やソファーを置く暮らし方にするのか、床に座る形にするのかを決めて、布団かベッドかを決めるのがよい手順です。一人暮らしをする部屋の広さによっては、ベッドやソファーで部屋がいっぱいになってしまうケースもあります。スタイルを決めてから、カラーや材質などのトータルコーディネートを考えてインテリアを選びましょう。
また、冷蔵庫とレンジは、キッチンスペースがない場合でも、部屋の一部に設置しておくと便利です。洗濯に関しては、男子学生と女子学生ではケースが異なってきます。下着も含めて洗濯は室内でしたいという場合に、排水の施設があれば、ミニ洗濯機もおすすめです。二層になっていて脱水がついているので、乾きが早く、更に、バスに室内乾燥機が設置されていれば、外干ししなくても乾かすことができます。
また、テレビやPCも情報源として欲しいものですね。

 まとめ

学生の一人暮らしを快適にするには、まずどのような暮らし方をしたいかという点を明確にしておく必要があります。
食事はすべて学食などの外食にするというなら、キッチン関係はシェア型(共同型)にして、書斎型の部屋にしてインテリアをそろえるなど、プライベート空間をどのようにとらえるかで、一人暮らしの部屋の内容は変わってくるのです。
また、アウトドア派かインドア派かによっても、自室で過ごす時間が違ってきます。自室で過ごす時間が長ければ長いほど、自分好みの空間になっていく傾向が強くなります。
一人暮らしをする上で、絶対に必要となるものをピックアップし、次にどのようなタイプにするか決めて、家電や家具やインテリアを選んでいくようにしましょう。

 

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)