[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

白米は冷凍?冷蔵?一人暮らしの人必見、白米の美味しい保存方法!

2016年7月11日
約 1 分
白米は冷凍?冷蔵?一人暮らしの人必見、白米の美味しい保存方法!

冷凍が一番?

白米の保存方法は、保温・冷蔵・冷凍とあるかと思います。では、この中で、どの保存方法が時間が経っても美味しく食べられる方法なのでしょうか?美味しさの感じ方は人それぞれですが、パサパサせずに炊きたてとの違いを最小限に抑えられるのは、実は「冷凍」なのです。白米が時間が経ってから「まずい」状態に変わってしまうのは、お米が劣化することが原因なのです。この劣化は、白米自体の温度が2℃3℃のとき、そして、水分含有量が3060%のときにもっとも起こりやすいと言えます。劣化が進むことで、白米の粘度が減少します。そしてパサパサとしたお米になってしまうのです。それを考えると、冬の寒い場所で保存や冷蔵庫の中というのは、お米の劣化を作り出してしまうと言えますね。では、炊飯器の中でそのまま保温にしておくのはどうなのでしょうか?こちらも、長時間の保温は白米の美味しさを減少させてしまいます。理由は、「デンプン化」にあります。長時間加熱することで、デンプン化します。そうすると、糊化した膜が内釜にはりついたり、色が黄色くなったり、臭いがついたり、乾燥してしまうのです。これらの減少を防ぐには、「急速冷凍」ということがポイントとなってくるのです。

上手な冷凍の仕方

炊きたてのご飯はすぐに、味が落ちる前に、水分をたっぷりと含んだままの状態でラップに包みます。そうすることで、保温による劣化を防ぎます。冷凍されるスピードも大切ですので、素早く中まで凍らせるために、包み方も工夫が必要です。だいたい1膳分の量を平たくして包むと冷凍も解凍もしやすくいいのではないかと思います。包んだものは、冷凍庫内の他の食材を傷ませないように粗熱を取ってから入れるようにします。アルミトレーやアルミホイルを下に敷いておくと、冷凍時間を短くできるのでオススメです。

上手な解凍の仕方

せっかく上手に冷凍できても、解凍が上手くできなかったら美味しく頂けません。解凍の際のポイントも冷凍の時と少し似ています。ご飯の劣化には「温度」が大きく関わりますので、上記で説明した「白米自体の温度が2℃3℃」の状態を避けて解凍しなくてはなりません。もちろん、そのゾーンを完全に避けることはできませんので、できる限り避けるということです。そのためには、凍ったままの状態から加熱するのがポイントです。電子レンジが一番用意な方法かと思います。この時に、加熱によってご飯がベシャッとしてしまうようなら、ラップをせずに解凍するのがいいでしょう。

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)