[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

一人暮らしはシンプルな部屋へ!部屋づくりのポイントその魅力!

2016年9月26日
約 1 分
一人暮らしはシンプルな部屋へ!部屋づくりのポイントその魅力!

一人暮らしをする場合には、アパートやマンションなどに住むことが多くなり、1Rや1Kなどの物件も多く部屋の大きさが小さいことも多くあります。そのような時には部屋に置くものをシンプルにすることで、広く使うことができます。

 シンプルな部屋の魅力

一人暮らしをすると、実家で暮らしている時と違い、荷物を置くスペースも限られており、荷物が多くある部屋の場合には狭く感じることもあります。そのため一人暮らしで快適に生活するのであれば、シンプルな部屋を作ることが大切になってきます。シンプルな部屋作りをしていれば、荷物を探しやすいことや広く感じることもできるため、ストレスのたまり具合も違ってきます。また友人などを家に呼んだときも、ゆったりとくつろげる空間があれば、生活力があることのアピールにも繋がります。

 部屋づくりのポイント① ものは少なく、床に置かない

一人暮らしをしている場合に、部屋が狭く感じてしまうのは、荷物などが多い場合は当然であり、床の見える範囲が狭いことも狭く感じてしまう要因になります。そのため重要なことは、必要ではないものは購入しないことが挙げられ、このようにすることで部屋をシンプルにすることに繋がり、余計な出費を抑えることもできます。また床に物を置かないことも大切なことであり、本棚やテーブルなどの上に置くようにしたり、使用するごとに片付けることを徹底することで、部屋がシンプルに見え掃除をする時も楽になります。

 部屋づくりのポイント② 色を白やグレーなどで統一する

一人暮らしの部屋をシンプルに見せるポイントの一つに、色を統一することが挙げられます。家具などの色がバラバラである場合、目から様々な色の情報が入ってくるため、落ち着かないだけでなくごちゃごちゃした感じを与えることになります。このような場合には部屋が狭く感じてしまうこともあり、色は統一するほうが安定します。その際には色を白やグレーなどの色味のない無彩色で統一することで、シンプルに仕上げることができます。またワンポイントで有彩色のものを使用することで、その色を引き締めることができます。

 部屋づくりのポイント③ 家具の方向を揃える

一人暮らしの部屋をシンプルに見せるには、家具の向きも重要なことであり、同じ方向に向かせることで統一感を出すことに繋がるだけでなく、すっきりとさせることにもなります。そのためには家具を置く場所に注意をして、部屋の両サイドにある場合には片側だけに寄せることで、部屋がすっきりとし広く使用することができます。両サイドに置いている場合、引き出しなどがある家具を使用していると、開閉の際に邪魔なものを何度も移動させなければいけませんが、片側だけに置くことによりその手間を少なくすることができます。

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)