[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

一人暮らしを格安物件にするメリットとは?

2016年9月28日
約 1 分
一人暮らしを格安物件にするメリットとは?

一人暮らしであると、あまり家賃を高い物件にしたくないという人が多いです。そうではありますが、格安物件で一人暮らしをする際には実際にはどのようなメリットがあるのでしょうか。これに関して検証してみました。

 格安物件のメリット

格安物件のメリットは、やはり家賃が安いのでその分を他に回すことが出来る、という点にあります。
少し不便があるにしても格安だから気にならないという人が特に格安物件を借りる人には多く、何よりも家にかけるお金よりももっと他のことにお金をかけたり、将来のための貯金も出来るというのはとても大きいです。
また、一人暮らしであると、基本的に他の人が家での自分の生活に関わらないので、間取りに関してもあまりこだわる必要がありません。そのため、ワンルームや1Kの格安物件でも自分の好きなように部屋をアレンジすることが出来ます。
このような格安物件に住んでいる人はある程度デメリットがあるのも理解している人が多く、そのデメリットもあまり気にならないようであればオススメです。

 住む際に注意しておきたいこと

やはり、一人暮らし向けの格安物件の注意点で多いのが、「壁の薄さ」です。特に格安であると、築年数が経過している木造アパートが多い野ですが、このような壁の薄い物件であると、隣の部屋の生活音が筒抜けであったり、部屋で電話をしたり、テレビを見たりするのさえも気を遣わなければいけません。また、上や隣の部屋の足音に悩まされている人が多いのも事実です。
もう一つ注意すべき点は、ちょっとした部屋の不便さです。上層階ではあるけれども、エレベーターが無いので階段を使わなければいけなかったり、駅から遠いなどといった条件で安くなっている家もあります。このような点は、階段に耐える、自転車を利用するなどといった対策をすることが出来れば問題ありません。

 まとめ

このように、格安物件での一人暮らしは、安いというメリットだけでなく、その分のデメリットももちろんあります。そのデメリットを受け入れて生活することが出来るのであれば、格安物件での一人暮らしは、将来のための貯蓄期間として、楽しく過ごすことが出来ます。
気に入った物件が格安であるために不安な場合には、不動産屋さんに部屋が安い理由を尋ねてみたり、また、自分で物件の周辺情報を調べてみると、その部屋に住むデメリットが見えてきます。格安物件は、ただ安いからという理由で何も考えずに入居して後になって後悔してしまう人も多いので、自分からアクションを起こしてデメリットを理解したうえで入居するということがとても大切です。

 

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)