[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

楽しく快適に一人暮らしを行う3つのコツとは!?

2016年11月7日
約 1 分
楽しく快適に一人暮らしを行う3つのコツとは!?

大学生や新社会人の方で、地元を離れる方は一人暮らしをします。新しい土地での生活の変化にわくわくしている人も、不安に思う人もいますが、いくつかのコツを実践することで一人暮らしの日々が楽しくなります。経済的なことや気分を高めることなど、色々とありますが、どれも楽しく快適に一人暮らしを行う上で力になることです。生活に慣れてみたらぜひやってみましょう。

無理な節約はやらない!楽しめるように工夫をする!

一人暮らしのコツとして、最低限の生活以外にどれだけお金をかけられるか、ということがあります。毎日の食費を切り詰めるなど、ストレスを感じるような無理な節約は行う必要はありませんが、無駄なコストを削減すると一人暮らしが楽しくなります。例えば、食費の面では、週に何度かは自炊をするようにしましょう。最低限お米を炊くだけでも節約にはなりますが、料理を趣味にしてしまうと毎日が楽しくなります。例えば煮物などでは、味付けの濃さを自分で調整できるようになります。少しずつ上達していくうちに、スーパーの惣菜や飲食店の味付けが不必要に濃いことに気が付くでしょう。外食をすると数千円かかりそうな高級食材を使用した料理でも、自分で作ると非常に安い値段でその味を楽しむことができます。また、友人を自宅に招待した際に腕前を披露することもでき、確実に尊敬されます。光熱費の面でも、節約するコツがあり、テレビや照明よりもエアコンなどの空調を節約すると効率が良くなります。真夏や真冬こそ家にこもらず、積極的に出かけて光熱費を楽しく節約しましょう。

家賃をなるべく抑えて生活費を軽くする

一人暮らしでは殆どの方がマンションを借りて住むでしょう。そのため家賃は金銭面で大きな影響があります。また、家賃は一度決定すると変更するのは難しく、最初になるべく安い値段で新生活を始める必要があります。基本的な家賃の相場として、手取り収入の3分の1から4分の1という目安があります。実際に4分の1程度にできれば毎月の生活に余裕ができ、資産運用や遊興費にもかなりの金額を充てることができるでしょう。例えば毎月の給料が手取り18万円、2年目からボーナスが年間50万円ほどあれば、家賃6万円の物件に住んでも余裕があるでしょう。都内でなければ、セパレートでそこそこの広さがある物件に住めます。家賃を下げるコツとしては、何か妥協できる要素を作ることです。築年数や駅からの近さなど、家賃相場には様々な要素がありますが、一つでも極端に条件が悪い物件は安い家賃で入居できるものです。不動産屋に行くまでに条件を整理しておき、細かな要望を言えるようになっておきましょう。生活に対する満足度を維持しながら、家賃を下げることができます。

自分好みの部屋にする

一人暮らしをする上で、精神的な充足感も大きなテーマになります。家は体と心を休め、明日頑張る力を蓄える場所です。部屋のインテリアにこだわることで、家にいることが楽しくなり、仕事でのストレスも少しは忘れることができます。広い部屋に住んでいれば良いですが、多くの人にとって部屋の狭さが問題になります。克服するコツとしては、部屋には最低限の物だけを置くことです。使用頻度が低いものはトランクルームや実家を利用して生活空間の外に出しましょう。普段の生活には多くのものは必要ありません。家具の高さを全体的に低くすると、部屋が広く感じられます。車やバイクの運転で目線が低くなると体感スピードが速くなるのと同じ原理です。気に入ったローテーブルを利用して目線が低くなるインテリアを実践すると空間を上手に生かせます。また、インターネットでは多くのインテリアの実例が写真付きで公開されています。住む人の性別や求めるテーマに合ったものが細かく掲載されていますので、部屋のイメージを作る際に非常に参考になります。家具購入の際にはチェックするのがおすすめです。

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)