[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

女性の一人暮らしは気をつけて!今すぐ始められる防犯!

2016年7月25日
約 1 分
女性の一人暮らしは気をつけて!今すぐ始められる防犯!

女性の一人暮らしともなれば、不安はつきませんよね。だからといって、女性が一人暮らしを諦めるということも難しいかと思います。そうなると、あとはどれだけ自分で対策できるのかということが大切になってくるかと思います。誰でもできる簡単だけれども大事な点について述べていこうと思います。

 

・夜道を携帯を見ながら歩かない

携帯を持ちながら歩けば、何かあった時にすぐに連絡ができる、また電話しながら歩けば、電話相手に気づかれてしまうから襲われにくい…などと勘違いしている方はいませんか?実は、それ、犯人に狙われやすい女性の特徴に入ってしまうのです。なぜかというと、携帯電話に意識が向いていると、なかなか周囲の異変に気づけないものだからです。また、電話相手に異変がすぐに伝わると言っても、その電話相手はあくまでも電話の向こう側にいるわけですから、すぐに助けに来てくれるわけではありません。そう考えると、ターゲットになりやすい状況を作ってしまっているということになってしまうのです。

 

・犯罪が起きやすそうな夜の時間帯に一人で出歩かない

たとえ同じ場所であっても、昼間の明るい時間帯と夜の暗い時間帯とでは、犯罪の起きやすさというのは全く違ってしまうのです。慣れている道だからといって不用意に夜中に外を一人で出歩くのはやめましょう。また、慣れている道だからこそ、無意識のうちに安心してしまっている可能性もあります。そうなると気づかないうちに危険な状況にさらされてしまうということになってしまうのです。

 

・ベランダや窓の配置に注意

家の中と外とがつながる場所に関しては、注意する必要があります。

外部からの進入は、必ずそこを通って入ってくるわけですから、玄関以外にも窓やベランダの配置は大切になってきます。人目につくところに配置されているのか、また、夜暗い状態ではどのようになっているのか、などといったことを考えて物件選びをするようにしましょう。

 

・家の周りの環境をしっかり見極める

どんなに防犯設備が整っている物件だとしても、その物件単体で考えてはいけません。近くに交番はあるのか?人通りは多いのか?逃げ込む場所はあるのか?などといった、周りの環境も考える必要があります。何かあってから、逃げ場を探しているようではもう遅いのです。明るさ(街頭の有無)や人通りなど、昼間と夜間の両方の情報を確認しておく必要があるかと思います。

 

<まとめ>

以上が、誰でもできる、でも重要な女性の一人暮らしで意識してほしいことの話になります。何かが起きてからでは遅いので、未然対策を是非徹底していただけたらと思います。

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)