[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

女性の一人暮らしをするならどっち?アパートとマンションを比較!

2016年10月7日
約 1 分
女性の一人暮らしをするならどっち?アパートとマンションを比較!

女性が一人暮らしをするとき、どういった点に気を付けて家を借りればよいのでしょうか。一人暮らしということで、一戸建てという選択肢はまずありませんが、アパート、マンションそれぞれの特徴を把握してから決めるのがおすすめです。

 女性の一人暮らしで重要になるポイントとは

女性が一人暮らしをするときに最も重要になるのが、セキュリティの問題です。周囲の環境や他の入居者など、アパートやマンションの構造だけでなく、安心して生活できるかどうかもよく考えておきましょう。また、自炊をするときにはキッチンはある程度広さがあって設備が整っている方が良いでしょう。洗濯物は、室内で干すことができる間取りになっていたり、浴室とトイレが別々になっている物件が快適に生活することができます。隣の部屋との防音についても内覧の時に確認しておきましょう。

 アパートのメリット・デメリット

女性の一人暮らしという状況では、アパートは当たり外れが激しいといえます。アパートの場合、大家が近くに住んでいることがありますので、その人柄が良ければ一人で不安なときでもいろいろとサポートしてもらえておすすめです。また、家賃は安くて済みますので、経済的にあまり高いところに住めないという人にも便利です。一方で、セキュリティの面についてはあまり強固とは言えません。女性専用のアパートもありますが、逆に不審者にチェックされることがありますので気をつけましょう。

 マンションのメリット・デメリット

マンションは、女性が安心して一人暮らしできるような設備が多くあります。例えば、オートロックや防犯カメラなどが設置されているところが多いですし、立地条件もよく、通勤や通学も明るい通りを歩くことが多いので安心できますし、便利です。ただし、アパートよりはかなり家賃が高くなりますので、毎月の生活費の負担が大きくなります。また、管理人や隣人との付き合いが希薄なため、いざ何かトラブルが生じた時に周囲の人にサポートしてもらうというケースがそれほど多くはありません。

まとめ

このように、女性が一人暮らしをするにあたっては、アパート、マンション共にメリットもデメリットもあります。実際にその物件から駅までの道を歩いてみたり、夜間の雰囲気などを確認してから決める方が良いでしょう。また、治安のよいエリアを選ぶことも大切です。明るい通りが多くても、繁華街が近ければ夜間は酔っ払いや不審者が現れる可能性が高いですし、騒音が気になって家でくつろげない可能性もあります。地元に詳しい不動産業者にも話を聞きながら絞り込んでいくとよいでしょう。

 

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)