[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

上京するために必要な費用や準備とは?これから東京に進出するためのノウハウ!

2016年12月14日
約 1 分
上京するために必要な費用や準備とは?これから東京に進出するためのノウハウ!

ついに上京できることになったと喜んでいるのも束の間で、次には準備が必要になります。東京に進出するには費用がかかるため、十分に用意をしておくことが大切です。大まかな流れと必要な準備を確認しておきましょう。

上京のおおまかな流れ

上京をするときには基本的な流れに沿うことが重要です。就職や進学が決まって東京に行くことになったら、まず必要になるのが住居を確保することになります。繁忙期に入ってしまうと新しい物件も出てきますが、競争も激しくなって獲得が難しくなります。できれば年末あるいは年明け程度には住居探しを始めましょう。値打ちのある物件はこの時期に売り切れてしまい、次は物件情報が上がってくる度に競わなければなりません。

住む場所が決まったら引っ越しの手配をすることになります。入居日に合わせて引っ越しを行うことになりますが、3月末頃は業者も繁忙期でなかなか手配ができません。住居が決まったらすぐに手配しましょう。そして、引っ越しを終えたら新生活の準備をして仕事を始めることができます。住居の手配にも引っ越しにも地方に比べて費用がかかりがちなので注意しましょう。

上京する前にしておいた方が良い準備

上京する前にしておいた方が良い準備としてお金の確保をする方法の手配があります。地方から出てくると物価の高さに圧倒されてしまうことが多く、高い給料で働ける場合や十分な仕送りが貰えるという場合でも家賃などの生活に必要な費用を確保するだけでも苦労してしまいがちです。予め貯金を数十万円は蓄えておかないと困ってしまう可能性があります。一方、貯金がないという場合には資金を一時的に手に入れられるようにしておくことが重要です。クレジットカードを作って前払いで支払いをできるようにしつつ、キャッシングで一時的に支払いができるようにしておくのが賢明でしょう。また、それでもリスクが高いと考えるなら人に借りることも念頭に置いておくのが大切です。両親や知人などを頼って予めいざというときにはお金を貸してもらえるようにお願いしておきましょう。

初期費用の家賃や家電、家具などは最低限にしてなるべく抑える

上京して生活を始めるときには費用がかさみます。引っ越し費用に加えて住居の手配も考えると数十万円の出費がかかるのが一般的です。特に住居の手配では家賃が10万円前後になることもあります。家賃の前払いに加えて敷金や礼金、仲介手数料などの諸費用を払っているだけでも40万円?50万円程度になってしまうことも珍しくありません。物件を選んで初期費用をできるだけ抑えるのは上京にかかる費用を節約するために重要な観点です。一方、上京にかかる交通費や、生活をするために必要な家電、家具などを購入する必要も生じます。安い交通手段として高速バスなどを利用することも考慮すると良いでしょう。また、新品の家電や家具を揃えるのではなく、リサイクルショップを利用したり、レンタルをしたりするのも賢明な考え方です。困窮しないようにできるだけ節約を心がけると安心して生活を始められます。

まとめ

上京をする上で最も大きな課題になるのはお金の確保です。東京で新生活を始めるためには費用がかさむことは否めません。十分に貯金をしておくに越したことはありませんが、それがないというときには一時的にでもお金を手配できるように準備をしておきましょう。一方、上京するのに費用がかかるとはいえ、節約をする方法は無数にあります。交通費や住居費を代表として必要な費用を節約する努力をすることは欠かせません。よく情報を集めて少しでも新生活の初期費用を抑えるように心がけると余裕のある生活を始めることができるでしょう。地方の生活とは物価が大きく異なることを念頭に置き、病気などのトラブルがあったときにも困らないようにお金を確保しておくことが上京をする上で必須事項です。東京に出たことを後悔しないように、上京が決まったらすぐに準備を始めましょう。

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)