[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

気になる新社会人の恋愛事情とは?

2016年10月21日
約 1 分
気になる新社会人の恋愛事情とは?

学校を卒業していよいよ新社会人というときになると仕事のことで頭が一杯になる反面、これからの恋愛についても考えたくなる人は多いでしょう。良いパートナーに巡りあって婚期を逃さないようにしたいという気持ちを抱いていても、新社会人になって婚活をする余裕があるのかという心配のある人もいるかもしれません。実際に事情がどうなっているかを知っておきましょう。

研修期間は恋が芽生えやすい

新社会人になるとまずは会社で研修を受けるのが一般的です。大きな企業になるほど大人数の新入社員がいて、男女を問わずに一斉に研修が行われます。会社の仕事に慣れようと必死になってしまう気持ちが強い人もいますが、このタイミングは実は恋愛がスタートしやすいタイミングでもあることは知っておきましょう。

新社会人になって仕事をしたい意志と同様に強く抱かれているのが恋愛をしたい気持ちということがよくあります。それまでなかなか恋の機会に恵まれなかった人や、就職を機会にしてパートナーと別れてしまった人もいるため、新社会人になったらすぐにでもパートナーを探そうという意識が高い人が多いのです。その状況で互いにコミュニケーションを取れる機会が与えられるのが研修となるため、自然に恋が芽生えることも珍しくありません。また、もともと婚活の場とも考えて積極的に異性にアピールする人がいる場合もあります。他の部署の人と交流できる数少ない場面でもあるため、新社会人になって社内で恋愛をしたいと考えたら研修期間は逃せないタイミングでしょう。

仕事を通して社外や社内での出会いは多い

新社会人になって出会いの場面は研修以降にあるのかという疑問を抱く人もいます。実際には一般的な大学生活と比べても出会いの機会が多いのが社会人生活です。仕事で外回りや社外交渉を担当している場合には社外で常に新しい人との接点が生まれます。年齢的に離れている人が相手になる場合もありますが、同世代の異性に出会えることもしばしばあるのです。一方、社外との交流がない仕事に携わっていても社内恋愛の機会があります。同じ部署内に同世代の異性がいれば毎日のように顔を合わせることになるでしょう。同世代の人の人数があまり多くない現場が多いことから、自然に親しくなれることも少なくありません。また、部署間であっても書類のやり取りや共同プロジェクトの実施などの様々な場面で仕事上の接触をする機会に恵まれます。そのときに魅力を感じた人に自分からアピールしていくことで社内恋愛を成就させるというパターンは社会人にはよくあります。特に新社会人になると逆にターゲットにされる場合もあり、アピールを受けて恋愛が始まることも珍しくありません。

学生に比べてお金があるので新しい出会いを求めて積極的に出会いの場に行く人が多い

新社会人になって生活面で大きく変わるのが収入です。学生がいくらアルバイトをしていても社会人の給料のように収入を得るのは容易ではありません。まとまった収入が手に入って土日をアルバイトに費やさなくても十分に生活できるようになると、そのお金の使い道を考えるようになるでしょう。仕事を通して恋愛をしていくという方法は必ずしも簡単だとは限りません。あるいは仕事とプライベートは切り離して考えたいという人もいるでしょう。その際によく行われるのがプライベートでの婚活です。新しい出会いを求めて積極的に出会いの場を探す週末を過ごすという人も大勢います。その影響を受けて結婚相談所だけでなく、婚活パーティーや街コンなども広く開催されるようになり、出会いの場の候補も増えてきているのが現状です。恋愛を求める新社会人の参加が多いことから、若い世代同士での出会いを求めるのに適しているでしょう。趣味や習い事を通して出会いを求めていくというアプローチを選ぶ人もいます。お金に余裕ができると出会いの場の選択肢も飛躍的に広がるのです。

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)