[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

「一人暮らしを始めたい人必見!一人暮らしに最適な間取りをタイプ別に紹介!」

2016年12月7日
約 1 分
「一人暮らしを始めたい人必見!一人暮らしに最適な間取りをタイプ別に紹介!」

 

間取りといえば、お部屋選びにおいて重要なポイントです。ただ、どのような間取りが一人暮らしに向いているか、迷ってしまうこともあると思います。ですから、今回はどのようなタイプがあるか、自分にあった間取りはどれか、間取りについて見ていきたいと思います。

 

1R(ワンルーム)

040102920_g_003_bt_interior_m_600-thumb-600xauto-4014

ワンルームは部屋とキッチンに仕切りがなく、一つの部屋にキッチンがあるタイプの部屋のことです。仕切りがないことで部屋自体が広くなり、開放感のある間取りです。ただ、キッチンも同じ部屋にあることから、料理の匂いや音がきになることもあります。

 

1K

kitchen-1317996_640

1Kはワンルームと違い、キッチンが独立してあるタイプの部屋です。キッチンと部屋が別々にあるので、料理の匂いや音はきにする必要がなくなりますが、その分部屋がワンルームに比べて狭くなる傾向があります。

s_fotolia_49489260_subscription_xxl

 

1DK

1DKのDKは「ダイニングキッチン」のことを指します。つまり、1Kのキッチンスペースだけではなく、そこにダイニング(ご飯を食べるとこと)がついたタイプの部屋になります。そのため、1Kより広く、テーブルやイスを置いて食事スペースも確保することができます。

 

1LDK

1LDKは1DKよりもさらに広くなり、リビング(居間)としてもできるようになったタイプの部屋です。1LDKまでなると、食事だけの部屋ではなく、普通に一つの部屋としても使えるので、2部屋欲しい人やゆったりとした生活を過ごしたい人にはオススメの間取りです。

 

 

一人暮らしに向いている間取りとは?

間取りの種類を見てきましたが、一人暮らしが向いている間取りは一体どれなのか気になるところだと思います。ですが、厳密にこれが向いているというものはなく、住む方のライフスタイルによって異なります。荷物が少ない人であれば、ワンルームや1Kでも十分な広さですし、荷物が多く、また友達をよく呼んだり、将来はパートナーと同棲を考えたりしているのであれば、1DKか1LDKの広さが欲しいところです。このように、それぞれの間取りに適した人は異なります。ですから、どの部屋が一人暮らしに向いているかは、自分がどのようなライフスタイルなのか考え、それに適した間取りを選ぶことが大切になります。

 

それぞれの間取りにオススメの人

■ワンルーム(1R)

  • ・料理をあまりやらない人
  • ・キッチンが一緒でもとにかく広い部屋が欲しい人
  • ・収納スペースが限られるので荷物が少ない人
  • ・部屋の機能というより家賃や立地でこだわりたい人
  • ・少しでも家賃を安く抑えたい人

 

■1K

  • ・料理をするのでキッチンと部屋は別々がいい人
  • ・水回りの湿気が気になる人
  • ・部屋が多少狭いのでシンプルな部屋が好みの人
  • ・ワンルームと同様収納スペースがあまり多くないので荷物がそこまで多くない人
  • ・家賃を少し抑えたい人

■1DK

  • ・ダイニングテーブルなどを置いて、部屋とは別に食事スペースが欲しい人
  • ・自炊することが多いので広々としたキッチンが欲しい人
  • ・冷蔵庫や洗濯機などの家電の置くスペースをしっかり確保したい人
  • ・荷物が人よりは多いので収納できるスペースは少しでも多く欲しい人
  • ・家賃が少し高い傾向があるので、少しお金に余裕のある人

 

■1LDK

  • ・部屋とは別に広々とした居間が欲しい人
  • ・友達やパートナーなど他人がよく来ることが多く、料理もよくする人
  • ・とにかく広々とした間取りが良い人
  • ・荷物がすごく多いのでしっかりとした収納スペースが欲しい人
  • ・一人暮らしにしては家賃が高い傾向があるので、ある程度お金に余裕がある人

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)