[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

一人暮らしにおすすめなのはどれ?間取り種類別にポイント紹介!

2016年9月7日
約 1 分
一人暮らしにおすすめなのはどれ?間取り種類別にポイント紹介!

これから快適な一人暮らしを始めるために、お部屋の種類について紹介します。お部屋選びは一人暮らしを始めるうえで重要なポイントです。1R、1K、1DK、1LDK、それぞれのメリット・デメリットを理解して部屋選びで失敗しないように参考にしてください。

 1R ワンルームのポイント

1Rはワンルームの略です。文字通り一つの部屋という意味で何の仕切りもない間取りになっています。スタジオと言われることもあります。仕切りがないので広々と空間を使うことができます。家賃相場はほかの間取りと比べて一番安くなっているので、とにかく安く一人暮らしをしたい方におすすめです。ただし、玄関と部屋の間になんの隔たりもないので、空調の効きがよくありません。冷蔵庫を置くとその排熱のせいで冷房が効きづらくなるというデメリットもあります。最近はおしゃれなパーテーションもあるので、そういったものを利用するのがおすすめです。

 

1K ワンケーのポイント

1Kはワンケーと読み、部屋が1部屋と台所がついている間取りを指します。台所と部屋がドアで区切られているのが1Kの定義ですが、中にはアコーディオンカーテンやロールカーテンで1Kに見せかけている部屋もあるので、騙されないように気を付けましょう。部屋と台所の間にドアがあることによって、台所のにおいや熱が部屋に行かないので、一人暮らしをするにあたって自炊しようと思っている方にはおすすめの間取りです。友達や恋人が頻繁に遊びに来る方にも1Kはおすすめです。なぜなら、大抵の1Kは台所側にトイレやお風呂がある間取りになるので、友達や恋人が遊びに来た時にトイレやお風呂を利用しやすいというメリットもあります。

 

1DK ワンディーケーのポイント

1DKは1つの部屋とダイニングキッチンからなる間取りを指します。1Kとの違いはキッチンの広さです。キッチンの広さが4.5帖から8帖の広さは1DKとなり、それ以下は1Kとなります。1Kと同じように水回りと部屋に隔たりがあるのでにおいが部屋にまでいかないというメリットがあります。1DKは広いという印象を持たれがちですが、部屋とダイニングキッチンが隔ててある分狭く感じる部屋もあるので、広さを重視したい方は注意してください。キッチンのスペースが広めにとれるのでテーブルを置いて、食事をするところと寝るところを分けることができます。一人暮らしでも食事や睡眠にこだわりを持ちたい方にはおすすめの間取りです。

 1LDK ワンエルディーケーのポイント

1LDKは一つの部屋とLDK(リビングダイニングキッチン)からなる間取りを指します。台所、食事をするところ、くつろぐスペースをLDKで賄うことができるので、もう一部屋は寝室でも、趣味の部屋でも、自由に使うことができます。一人暮らしでも私生活にこだわりたい方におすすめの間取りです。1DKとの違いは広さでDKは4.5帖から8帖、LDKは8帖以上を指します。キッチンとくつろぐスペースに隔たりがないので、冷蔵庫の排熱やにおいが広がりがちです。気になる方は対策が必要になります。プライベートな空間を確保できるので、友人や恋人が頻繁に来る方にはおすすめの間取りです。

 

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)