[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

引っ越しのダンボール調達はどこでできる?サイズ別に必要な個数は?

2017年4月7日
約 1 分
引っ越しのダンボール調達はどこでできる?サイズ別に必要な個数は?

引っ越しの荷造りで必要となる道具のひとつが、ダンボールです。要領良く準備するコツとして、使いやすいダンボールを先に集めておくと良いですね。ダンボールはどのようにして調達できるのでしょうか?またどんなサイズのものがいくつくらいいるのか考えてみましょう。

近所のスーパーやドラッグストアなどでダンボールを無料でもらおう!

引っ越しの荷造りで必要となるダンボールは、近所のスーパーやドラッグストアなどに行けば手軽に調達することができます。車や自転車でお店まで行けば、たくさん持って帰ることができて便利でしょう。

スーパーなどでは主に搬入口や駐車場などに、商品出しをし終えた後のダンボールが折り畳まれて重ねて積み上げられています。後は捨てるだけなので、無料でもらえる所がほとんどです。

店員さんに一言、「引っ越し用に使いたいのでいただいてもいいですか?」と聞いて了解を得てからもらうと良いでしょう。

果物や野菜が入っていた箱は底に泥が付いていたり湿っていたりする場合があります。お菓子や日用品などが入っていたダンボールを選ぶと、綺麗で湿っていないものが手に入るでしょう。

食器や衣服用のダンボールは引っ越し業者に依頼する手も!

引っ越しの際の荷造りで苦労するのが、食器の梱包です。割れ物は梱包の仕方に気を付けなければ割れてしまうことがあります。また衣装持ちの人はクローゼットに入っている服などを詰めるのも苦労するでしょう。シワが寄らないように畳んで詰めるのも難しいものです。

梱包の難しい食器や衣服類を詰める場合、引っ越し業者で専用のダンボールを入手することができます。価格は業者によって異なるので、一度問い合わせてみると良いでしょう。

業者の衣服用ダンボールは、ハンガーごと掛けれるタイプもあり、シワも寄りませんし引っ越し先での開梱もスムーズにできるというメリットがあります。食器用ダンボールも、割れにくいように工夫されてあるので安心です。

物量や詰める物によってダンボールのサイズを選ぼう!

ダンボールを調達する際には、使いやすいようにサイズや個数を考える必要があります。

ポイントとしてはまず、だいたいの物量を把握しておくことが大切です。本類はダンボールに詰めると重くて底が抜けることがあるので、箱には入れずに重ねて紐で縛るほうが良いでしょう。本以外のアイテムで箱に詰める物がどれくらいあるのかをまず考えてみます。

100サイズのダンボールで、単身引っ越しでは約10~20枚、4人家族で30~40枚ほどが目安でしょう。4人家族の靴を入れるのに、100サイズで約5枚ほど必要となってきます。ミカン箱のようなダブルタイプの140サイズも、重い物を入れるのに役に立つので、4~5枚用意しておくと安心です。

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)