[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

何かが起きてからでは遅い!防犯対策で一人ぐらしの不安を軽減させよう!

2016年6月24日
約 1 分
何かが起きてからでは遅い!防犯対策で一人ぐらしの不安を軽減させよう!

・侵入されやすい外とのつながりがないか

住まいが二階だから安心ということはないです。配管や手すりを使って二階まで登ってくる可能性もあります。ですので、鍵や窓の戸締りはきちんとしておきましょう。

・窓やベランダ等が死角になっていないか

「死角」になっているというだけで、犯人にとっては好条件なのです。内側からだけの確認ではなく、外からどのように見えているのかということを確認しておくようにしましょう。また、明るい時と暗い時での見え方の違いにも注意しましょう。

・不特定多数の出入りのしやすさ

オートロックにもレベルがあるかと思います。不特定多数のどこまでの侵入が可能なのかの確認が大切です。管理人の有無についても重要です。管理人はいるが、常駐しているわけではないとなると、侵入のしやすさは高まります。

・モニター付きインターホン

モニター付きインターホンは便利です。一人でいる時には、必ずモニター付きインターホンで確認して、相手が誰なのかが確認できてから対応するようにしましょう。知らない人やモニターで確認できない時は、扉を開けないことをオススメします。また、宅配についても、宅配ロッカーというものもありますので、必ずしも宅配屋さんと対面しなくてはならないわけではありません。用心しましょう。

・鍵の種類

鍵をかけていても高度なピッキングの技術により、空き巣に入られてしまうこともあります。空き巣状態であれば、物が盗まれるだけですのでまだいいのですが、人が中にいる場合には命を狙われかねませんので大変怖いです。最近では、そういったピッキングにも対応できるような鍵も開発されていますので、可能な限り防犯性能の高い鍵をつけることをオススメします。また、合鍵等を含む鍵を玄関に置いておくのはやめましょう。ドアの開いているちょっとした隙に盗まれてしまうこともありえます。気づかないうちに合鍵を作られてしまっては大変ですので、鍵は自分しかわからない場所に保管しておくようにしましょう。

・ライト、監視カメラ

犯人にとっては、照明がはっきりしている場所も都合が悪いです。ですので、家の外は、極力明るくなるように、ライト等を使って工夫しましょう。また、監視カメラを設置しておくのもいいと思います。カメラがあるのとないのとでは、狙われやすさに違いが出てきます。犯人が実行しにくい環境づくりを考えるのは有効手段かと思います。

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)