[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

一人暮らしで後悔しないために抑えておきたい部屋探しの注意点!

2016年12月18日
約 1 分
一人暮らしで後悔しないために抑えておきたい部屋探しの注意点!

一人暮らしの新生活を始めるにあたって、楽しみ且つ大変なのが部屋探しです。たくさんの物件の中から一体どのように選べば良いのか、重要なポイントを4つ挙げて紹介します。注意点を抑えれば、後悔しないぴったりの部屋が見つかるでしょう。

駅前や周辺の第一印象を大事にする

まず一つ目の注意点は、周辺環境の第一印象が良いかということです。間取り図や写真だけでは、周辺の実際の雰囲気は分かりません。実際に行ってみて初めて分かることがたくさんあります。閑静でゆったりと暮らせそうと感じたり、子どもやペットを飼っている家が多くて賑やかだなと思うかもしれません。このように、近所にどのような人が住んでいるのかというのはとても重要です。一人暮らしだと何かとお世話になることがあるかも知れません。引越しをしてからトラブルになってしまってはいけないので、気になる場合は不動産屋さんに尋ねてみると良いでしょう。それから、最寄りの駅前の雰囲気も確認しておきたいものです。きれいで使いやすそうな駅か、利用する人はどれくらいで周辺にどのような建物があるのかなど、いろいろ感じられるでしょう。いずれにしても、「ここは住みやすそう」と一度行って印象を持つことができると良いです。

女性は治安に注意する

2つめの注意点は、治安の悪い場所は避けるということです。一人暮らしを初めてする女性にとっては、特に心配なことかと思います。では治安をどうやって調べれば良いかというと、やはり現地に行って自分の肌で感じることが一番だと思います。ネットで住みたい町の口コミなどを見て「ここは治安が良い」と書かれていたりするのを、簡単に信じてしまうのは危険です。また、警察が発表している犯罪件数が少ないからといって、治安が良いというわけでもありません。実際には通報していない数もあり、数字だけでは分かりづらいです。自分で調べられる簡単なことは、駅前の路上駐車や放置自転車の数を見たり、ゴミが多いかを見ることです。あとは夜に訪れてみるのもおすすめです。昼間は人が多くても夜は少ないといったことがあるので、夜でも人が多ければ安心です。交通の便を確認して、最寄駅から自宅まで歩けるか確認する

3つ目の注意点は、交通の便が良いかということです。電車は本数があるかということや、最寄り駅から自宅まで徒歩何分かかるのか確認するのが重要です。特に学生の一人暮らしとなると、徒歩移動が多くなるかと思いますので、まずは駅が徒歩圏内にあるかというのは第一条件になるでしょう。「○○駅から徒歩10分」と書かれていたりしても、実際に自分が歩くスピードとは違ってもっと長くかかってしまう場合もあります。確実なのは、最寄り駅から物件まで自分の足で歩いて行ってみることでしょう。その道中で治安の状況や、スーパーがあるかなども確認できるので一度行ってみるのがおすすめです。それから電車の路線の数や、終電の時間なども調べておくと良いです。最寄り駅からどの方面に行くことができて、何時までに帰って来なければいけないのか分かっておくと安心です。

一階に飲食店が入っていないか確認する

最後の注意点は、物件の一階部分に飲食店が入っていないことです。これは意外と盲点ですが、とても重要です。なぜいけないかというと、ゴキブリが発生する確率が非常に高いです。やはり食べ物を扱っている以上ゴキブリは避けられない感じがしますが、飲食店だけでなくスーパーやコンビにも注意が必要です。できれば一階に何も施設が入っていない物件を選んだ方が良いでしょう。どうしても飲食店が入るのが仕方ない、という場合はせめてマンションの10階など、できる限り高層階が良いかと思います。せっかくの一人暮らしで、特に女性はゴキブリが苦手な人が多いと思いますので、ゴキブリがいない快適な物件で暮らしたいですよね。それから木造の物件よりも鉄筋コンクリートで造られている方が、ゴキブリが発生しにくいので、建物の造りも良く確認して選びましょう。

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)