[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

大学生必見!失敗しないための部屋探しのポイント4つ!

2016年11月16日
約 1 分
大学生必見!失敗しないための部屋探しのポイント4つ!

大学生活を充実させるためには部屋探しが重要です。大学に通い始めてから苦労を重ねてしまわないために部屋探しの際に確認しておきたい4つのポイントを知っておきましょう。生活しやすくするための基本を理解しておけば失敗はありません。

家賃はなるべく抑える

大学生の部屋探しで最も重要なのが家賃の上限をまず決めておくということです。両親からの仕送りと自分のアルバイトでどれだけ毎月稼げるかをよく考えなければなりません。生活費も考慮して十分に生活できるように家賃を決めましょう。大学生活を楽しむためには教科書などを購入するための費用だけでなく、サークルなどで活動するための小遣いも考慮しておく必要があります。選択肢があるなら少しでも安い部屋を探しておくに越したことはありません。勉強は大学で行い、普段は外出するという生活をすれば部屋は寝るだけのものになるため、安くて狭い部屋でも生活にはそれほど困らないでしょう。ただし、休日には自分の部屋で趣味を楽しみたいという人の場合にはある程度の広さや快適さも求める必要があります。そのバランスも考えて選ぶと失敗がありません。

大学からの距離を確認する

大学に通う以上は大学からの距離をよく確認する必要があります。大学生の部屋選びの基本は大学に徒歩か自転車で通えるようにすることです。大学生活は勉強やサークル、バイトなどで忙しくなるため、時間が貴重になります。通学に時間をかけないというのは重要な観点です。また、遠くに住んで電車やバスなどを利用しなければならなくなると交通費がかかります。終電や終バスも気にかけなければならなくなるため、徒歩や自転車で通える場所に住むのに比べると生活の自由度が減ってしまうことになるでしょう。ただし、都心の大学の場合には郊外から通った方がかえって安上がりにできる可能性もあるので注意しましょう。往復の交通費と家賃を足し合わせても意外に安いことはよくあります。ただし、往復に時間がかかることになるため、その時間を有意義に使えるかも考えて選ぶのがポイントです。

最寄り駅の路線情報を調べる

大学の近くに住むにしても、数駅離れた場所に住むにして、最寄り駅をよく確認しておくことは大切です。たとえ普段は電車を使用しないとしても、遠出や帰省をするときのように駅を利用する機会は必ずあります。最寄り駅に徒歩でどの程度の時間がかかるかを確認して無理なく歩ける範囲で部屋探しをしましょう。一方、駅が近いから大丈夫と安心してしまうと失敗する場合があります。その駅から地域の主要駅に出やすいかどうかを確認することが欠かせません。遠出をするときには主要駅に一度出て乗り換えなければならないことも多く、それにあまりに時間がかかると外出が大変になってしまいます。また、時間的には遠くなくても、電車の本数が少なくて利用しづらいという場合もあるでしょう。大学生の部屋選びの際には最寄り駅の路線情報を調べて利用しやすいかどうかを確認することが大切です。

近くに商業・公共施設があるか調べる

大学生の部屋選びで見落としてしまう人がいるのが近隣の施設の充実度です。生活をするには食料品、衣料品、生活雑貨などを購入する必要があります。欲しいと感じたときにすぐに購入しに行ける範囲に商業施設がないと生活が不便になってしまいます。特にショッピングが好きな人なら大型ショッピングモールなどへのアクセスが良いことを確認しておくと週末の楽しみを増やすこともできるでしょう。また、色々な場面で公的な手続きをすることがあるため、役所などの公共施設が行動圏内にあるかどうかも確認しておくのが無難です。病院や警察署などのように日常的には必要ないものであってもいざというときに遠いと困る商業施設や公共施設は意外にあります。周囲にある施設を地図で見て、一通りの施設が周囲にあることを確認してから部屋を決めると失敗がないでしょう。

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)