[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

誰でも出来る!実践するだけでお金が貯まる上手な節約の方法とは?

2016年11月9日
約 1 分
誰でも出来る!実践するだけでお金が貯まる上手な節約の方法とは?

一人暮らしを始めると、限られた収入の中でやり繰りしなくてはなりませんよね。将来やいざという時のために貯金をしておきたい、という人もいるのではないでしょうか。少しの工夫と努力次第で、お金はきっと貯められます!

お金を貯めるコツは出費を抑えること

節約の方法の中で大切なのは、限られた収入からの出費を抑えるということです。一人暮らしでは、家賃などの固定の出費は節約できませんよね。そこで、一番簡単に見直せるのは食費ではないでしょうか。働いているとなかなか自炊をする時間が無かったり、忙しくて疲れていてそんな気にはなれないという人もいるでしょう。そんな時は無理をして毎日炊事をする必要はありません。週末や時間が取れた時に、数日分の食事を作って冷凍保存してしまえば良いのです。お料理が苦手でも、インターネットを検索すれば簡単なレシピが溢れていますし、野菜を切って茹でておくだけでもオッケーでしょう。ドレッシングを何種類か用意しておけば、毎日違ったサラダが楽しめます。大切なポイントは、きちんと献立を決めてから買い物に行き、無駄なものは買わず使い切れる量を購入することです。

収入の出費を明確にして、一週間ごとに使える金額を決める

一定の収入に対して一週間ごとに使える金額を決めてやり繰りしていくのも節約の方法です。食費や嗜好品などは、自分次第なので割と算出しやすいのではないでしょうか。しかし社会人になるとお付き合いの飲み会や、友人との食事など外食する機会も増えますが、回数を決めて予算外になってしまう時は、差し障りの無い範囲できちんと断れるようにしたいものです。女性であれば、化粧品代やエステなど予算を割きたい項目が増える人もいるでしょう。化粧品なども日常雑貨に計上して、一週間の予算に組み込んで無駄なく買いたいものです。エステなどの高額になる出費は毎週ごとの予算から算出し、ひと月かふた月に一度など、無理なく通える工夫をしてみてください。もし一週間の予算が余っても次の週に回さないというのは大切なポイントです。たとえ微々たる金額でも、余った予算は貯金に回してくださいね。

お金の使い方の3タイプを理解して、浪費を減らすようにする

お金の使い方には3タイプあるとわれています。生活に欠かせない食費や家賃は「消費」、キャリアアップのための勉強や株で資産を増やす行為は「投資」そして、パチンコやギャンブルなど将来の役には立ちそうに無い、その場限りのお金の使い方は「浪費」とされています。節約の方法を考える時には、この3つを念頭に置いて考えてください。まず、自分の出費の中で何がこの3つに分けられるかを考えてみましょう。「消費」の家賃や食費はあまり自分でコントロールできませんよね。食べなければ健康を損ねる恐れがあるので、食費を切り詰め過ぎるのは考えものです。「投資」は自分自身や資産の価値が上がって、将来自分に帰ってくる可能性があるお金なので、ゼロにはしたくない項目です。しかし「浪費」はまさに無駄遣い、自分次第で幾らでも切り詰められる項目ですよね。この3つのお金の使い方のバランスが整っていれば、無理なく貯金することができるでしょう。

無理のない範囲で続けられる目標を設定する

貯金を増やしたいからといって、あまり無理な節約の方法を実践してしまうと途中で挫折しかねません。節約する時に一番大切なのは、苦にせず長続きさせるということではないでしょうか。目標の設定を日常生活の習慣の一部にしてしまってはどうでしょう。自炊は言うまでもありませんが、飲み物はどうでしょうか。コンビニや自動販売機は便利で種類も多く、ついつい買ってしまいますよね。しかし、それらの飲み物は同じ商品がスーパーやドラッグストアで何十円か安く売られているものです。たとえ一本10円の差でも、年間に飲む本数を考えればかなり大きな違いになります。また、雑誌やコミックは一冊数百円程しますが、携帯のアプリの中には一冊の雑誌より安い価格で様々な月刊誌が読み放題というのもあるので、雑誌好きの人には嬉しいですよね。無理をせず、「塵も積もれば山となる」くらいの心構えで気楽に楽しく節約を心がけてみてはいかがでしょうか。

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)