[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

生活費の節約方法など新社会人の一人暮らしに関する気になるアレコレ!

2016年12月9日
約 1 分
生活費の節約方法など新社会人の一人暮らしに関する気になるアレコレ!

新社会人が一人暮らしをする時、これからの生活費の面など不安なことが多いでしょう。無駄なく、ストレスもなるべく少なくしながら生活していける方法があります。自分に合った生活スタイルを見つけて新生活を有意義なものにしましょう。

一人暮らしを始めるタイミング

新社会人が一人暮らしを始めるタイミングの1つとして、社会人なった時があげられます。新しく社会に出て気分も新たに出発していることでしょう。これは自立の一歩ですので、このタイミングで一人暮らしをすることは、自分を頑張る気持ちにさせる原動力になるかもしれません。次のタイミングとしては、毎月の収入と支出の予測がつくようになった頃です。この場合ですと、収入に合わせた家も決めやすく、生活費の予測もつきやすく安心して生活設計を立てることができます。また無駄のない計画を立てることができ、節約にもつながるでしょう。その次のタイミングとしては、新社会人として仕事に少し慣れ、落ち着いた頃です。その頃に一人暮らしを始めると、仕事だけで頭が手一杯ではなく生活のことも考えることができますので、余裕を持って一人暮らしに臨めるでしょう。

新社会人の一人暮らしにかかる生活費とは

新社会人が一人暮らしをする時に生活費としてかかってくるものには、まず家賃があります。その他、電気、水道、ガスの光熱費です。その他は食費、交通費、娯楽費などです。この中で、節約しやすいものとして光熱費があげられます。まず、電気ですが、これはこまめに消す習慣をつけることが大切です。また複数部屋がある場合には使う部屋以外の電気の使用は控えます。エアコンに関しても、夏場は27度くらいまでの設定で扇風機などと併用し、冬場もこたつなど他の暖房器具と併用すると節電に効果的です。水道は、まずこまめに蛇口を閉めることが大切です。お風呂もシャワーを出しっぱなしにすることがないよう気を付けましょう。最後にガスですが、お風呂がガスの場合には、湯船にお湯をはるより、シャワーの方が節約に効果があります。後はガスコンロですが、料理の際には鍋底から火が出ないようにする、またなるべく余熱を活用するといいでしょう。

家賃はなるべく抑えて、家電や家具は必要最低限にする

新社会人が一人暮らしをする時に、まず家を決めることが多いですが、慣れないためデザインや機能性などついつい高望みをしてしまうものです。しかし、家賃を高いところにしてしまうと、家賃は毎月発生するものですから後々後悔することが多いものです。一般的に家賃は収入の3分の1までが理想とされています。これを基準として自分の理想と現実の間で折り合いをつけて決めるとよいでしょう。そして家電や家具も素敵なもの、機能的なものを知り、見てしまうと欲しくなってしまうものです。先に全部購入してしまうのではなく、まずは最低限生活に必要なものを書き出し、暮らしながら使用頻度と必要性を見て購入するとよいでしょう。特に家具は大きい物を購入してしまうと、後から必要な物が増えた時に場所をとってしまい困ってしまうことも考えられます。節約のためにも徐々に増やすという意識で購入していきましょう。

食費や娯楽・交際費などはストレスにならない程度に節約する

新社会人が一人暮らしをする時にしてしまいがちなことに外食があります。安くて手軽な外食や、コンビニ、スーパーなどでも回数と量が増えると意外と食費がかかってしまうものです。やはり節約するうえでもバランスのよい食事をとるためにも自炊を心がけたいものです。しかし、節約のことばかり考えていてもストレスがたまるものです。時間がない場合や、余裕がある時、または新生活で新しい仲間とのつながりが持てる場合もありますので、そのような時には一時節約のことは忘れてみてもいいのではないでしょうか。そしてこれは、娯楽や交際費についても言えるでしょう。社会人は、職場以外で職場の人と息抜きをすることは、関係を深めると同時に、ストレスを減らすことになる場合もあります。また、慣れないため、職場でのストレスもあるでしょう。その時には節約よりも娯楽を取り入れることにより一人暮らしも有意義なものになるでしょう。

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)