[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

「狭い部屋をお洒落に広く魅せる!」一人暮らしの部屋作りのポイント12選

2016年12月7日
約 1 分
「狭い部屋をお洒落に広く魅せる!」一人暮らしの部屋作りのポイント12選

「一人暮らしを始めたけれど、部屋が狭く感じて生活しにくい。」または、「どうせ住むならお洒落な部屋にしたい。」など、一人暮らししている人ならば、似たようなことを一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

そこで今回は、狭い部屋をお洒落に広くする、をテーマにお洒落に魅せるレイアウト術と広く魅せるレイアウト術の2つを紹介したいと思います。ぜひ部屋作りの参考として、2つとも役立てもらえればと思います。

 

 

狭い部屋をお洒落に広くするレイアウト術

 

1,お洒落に魅せるレイアウト術

・照明を工夫する

照明を変えることでお部屋をお洒落に魅せることができます。特に間接照明を活用することでお部屋をお洒落にすることができます。例えば、温かみのある雰囲気のお部屋であれば、オレンジ色の間接照明を使用することで、統一感を演出することができ、さらに間接照明の持つお洒落な雰囲気を活用することができます。

 

・壁紙を貼る(ウォールステッカーを使う)

部屋をお洒落にするコツとして、壁紙を貼る方法があります。壁紙を貼る方法は海外ではとてもポピュラーなものして知られており、日本でもたくさんの種類の壁紙が売られているなど、最近では活用する方は増えてきています。使用する壁紙のコツとしては、部屋のイメージに合わせたものを選ぶことが重要です。また、賃貸の場合は退出することも考えて、剥がしやすく、裏紙が残らないものを選ぶなどすると良いでしょう。さらにお洒落にしたい人は、ウォールステッカーを合わせて活用することもオススメです。

 

・観葉植物をアクセントに使う

ナチュラルでシンプルな北欧系のレイアウトがお洒落だと人気ですが、その要素の一つに観葉植物を使用することが挙げられます。観葉植物を置くことで、部屋のアクセントをつけることができ、お洒落な雰囲気を演出することができます。ですから、何か物足りなさを感じる時は、観葉植物を活用してみてはいかがでしょうか?

 

・棚を使って日用品を飾る

小物を使うことでお洒落に魅せるコツがありますが、センスのある小物選びは意外と難しいものです。そんな少し苦手に感じる人でもできる小物を使ったレイアウト術として、棚を使って日用品を飾る方法があります。例えば、生活に使う食器類をガラスばりの中身が見える棚に飾って見たり、またはキッチン用品や生活用品をマルチワゴンなど使って収納しながら飾ってみたり。ちょっとしたことですが、日用品の収納する場所をあえて見える場所に変えることで、お洒落に演出することができます。

 

・材質を揃えて統一感を演出する

簡単にお洒落に魅せる方法として、材質を揃えるというものがあります。例えば木製のテーブルがあるならば、イスもテーブルに合わせて木製にするなど、材質や色を揃えることで統一感を出すことができます。インテリアが統一されている部屋は、洗練された印象を与えることができるのでお洒落に魅せることができます。

 

・カーテンとラグを活用する

部屋の印象を決めるポイントとして、カーテンとラグのバランスがあります。特に狭いワンルームの部屋などは、目に付きやすくなる部分ですので意識することで、一気にお洒落に魅せることができます。活用するポイントとしては、初めは部屋のイメージにあった同系色でまとめると良いでしょう。カーテンとラグを同系色で揃えることで部屋の統一感を演出することができ、スッキリだけどお洒落な雰囲気を醸し出すことができます。コツをつかめてきたら、季節に合わせて組み合わせを変えてみるのもアリですね。

 

2,広く魅せるレイアウト

・家具の高さを揃える(低くする)

部屋が狭く感じるポイントとして、背の高い家具を使用しようしていることが挙げられます。というのも、背が高い人の目の前にするのと同じで、背の高い家具が多くあると圧迫感を感じる部屋になってしまいます。ですから、広く魅せたい場合は、家具はなるべく背の低いもので揃えることが有効です。これを実践するだけでも、部屋が大分広く感じるようになります。

 

・白を基調にしたインテリアで揃える

部屋を広く魅せる方法として、一番手っ取り早いのが白を基調としたインテリアで揃えることです。一般的に白のような寒色系を使うことで、部屋を広く魅せることができます。ですから、白を基調としたインテリアで揃えることで、統一感も作ることができ、スッキリと広く魅せる部屋を作ることができます。

 

・収納できるベッドにする(ロフトベッドやベッド下に収納できるもの)

狭い部屋の場合は収納する場所が少なく、荷物が溢れかえってしまいがちです。そんな時に有効なのが、、ベッドを活用して収納スペースを作ることです。方法としては、ロフトベッドにして、本来であればデッドスペースであるベッド下を広く設け、スペースを立体的に有効活用するというものや、ベッド下に収納できる引き出しが付いているタイプや空間を設けることができるものを使うなどです。大きなスペースを取るベッドをうまく収納スペースとして使うことで、部屋の収納力をUPすることに繋がり、スッキリとした広い部屋を作ることができます。

 

・多目的に使える家具を使用する

狭い部屋に家具を置けばそのスペース分狭くなってしまうのは当然です。ですから、少しでも広く魅せたい場合は、1つの用途の家具を選ぶのではなく、多目的に使える家具を選ぶことが大切になります。例えば、収納ボックスをテーブル代わりにしてみるなど、他に何かの機能として使えるものがないか考えてみてください。

 

・色数を抑えてスッキリ魅せる

スッキリ魅せるコツとして統一感を出すことがポイントと同じように、使う色数を抑えることで部屋をスッキリ魅せることができます。目安としては使用する色は3色までが良いでしょう。色数を抑えることでまとまりのある部屋になるので、スッキリとした広い印象を与えることができるようになります。

 

・家具は最低限にする

基本中の基本かもしれませんが、初心に帰るという意味で紹介させていただきます。部屋を広く魅せるためのポイントとして、家具は最低限にするということが挙げられます。そのままの通り、家具がたくさんあればどんなテクニックを使おうとも、部屋が狭くなってしまいます。ですから、部屋に置く家具を必要最低限の数にして、物理的に広くすることが大切になります。自分のライフスタイルに合わせて、本当にこの家具は必要なのか一度考えてみると良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)