[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

新社会人・新入社員は押さえておきたい!自己紹介のポイント!

2016年12月7日
約 1 分
新社会人・新入社員は押さえておきたい!自己紹介のポイント!

第一印象は人に対して自分がどのような人物かという理解をしてもらうときに大きな影響を及ぼします。第一印象を決める要素として大きいのが自己紹介です。新社会人や新入社員として新たな職場に踏み入れるときには自己紹介で良い印象を広げられるようにしましょう。

自己紹介は自分をアピールする絶好の場面

新社会人になると必ず自己紹介の機会が与えられます。基本的な挨拶とも社交辞令とも言えるのが自己紹介ですが、その意味をよく考えて準備をしておくことが欠かせません。自己紹介は初めて会った相手に対して自分をアピールする絶好の場面になります。それと同時に唯一の第一印象を決めるタイミングともなるのです。ここでいかに相手に好印象を持ってもらえるかが、その後の相手との付き合いに大きく響くという覚悟を持ちましょう。

ただし、自分をアピールしすぎないことも大切です。日本人は全体的には控えめな姿を求める傾向があります。自分の存在を記憶に留めてもらい、長所を理解してもらうということを重視するのは欠かせません。しかし、それを無理にアピールしすぎて心象を悪くしてしまわないようにする配慮も重要です。何を伝えるかを予め考えておきましょう。

覚えてもらえるようなニックネームや面白いエピソードなど印象強くするための工夫をする

新社会人が自己紹介をして挨拶をするときには、まず自分を覚えてもらうことを優先することが大切です。新入社員が多い時期には挨拶をされる側からみても新人が多くてとても全員を覚えることはできないということがよくあります。その中で記憶に残るような自己紹介ができると、他の新入社員とは違う存在として覚えておいてもらえるでしょう。自己紹介のポイントとして、印象を強くするために長く話をするのはかえって心象を悪くしてしまいがちです。できるだけ短くかつ効果的なアピールをしましょう。自分の今までのニックネームをトピックにして話をしたり、これまでの経験から面白いエピソードを紹介したりすると効果的です。短い時間で場を湧かせることができるような話ができるというのは社会人として大きなスキルでもあることから、その点でも評価してもらえるでしょう。

言葉遣いや姿勢など礼儀作法にも気をつける

自己紹介をして挨拶をする姿は相手からは集中して見られているでしょう。その身振り手振りや言葉遣いは第一印象を大きく変えるポイントです。新社会人の基本として社会マナーに則した言葉遣いや姿勢を身につけておくことが重要になります。自己紹介の内容にばかり目を向けていると、いざそれを実践しようとしたときに礼儀作法に問題が生じてしまうことは珍しくありません。自己紹介の内容を原稿に書いて覚えようとする人もいますが、それを思い出せなくなってしまったり、言い間違いをしたのに気づいてしまったりして、台本があるのが見抜かれてしまうこともあるのです。そのため、自然に礼儀正しい言葉遣いや姿勢を見せられるように普段から準備をしておくことが大切になります。一人の相手に一度しか機会が与えられないタイミングなので失敗がないように用意しておきましょう。

今後の目標を述べる

新社会人の挨拶で最後を締めくくるのにふさわしいのは今後の目標です。自己紹介を通して自分がどのような人かを理解してもらえたら、それを元にして新しい環境で何をしていきたいのかを伝えると、この人とこれからどのように付き合っていくべきかと相手も考えてくれるようになります。この際に大切なのが相手によって伝える目標を変えることです。相手の立場を考慮して適切な目標を伝えられるようにしておくとアピール力が高まります。上司に対しては貢献する意志を強く見せ、同僚に対しては頼りになる姿を見せるというようにしていくのが一つの考え方でしょう。目標は具体的であった方が良いものの、働き始めてみないと具体性を高めるのは難しいのが事実です。そのときの仕事についての理解の範囲内でできるだけ具体的に目標を伝えるようにしましょう。

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)