[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

1年目は無理をしない!東京の新社会人におすすめの家賃を考える!

2016年12月5日
約 1 分
1年目は無理をしない!東京の新社会人におすすめの家賃を考える!

就職活動をしてついに東京で働くことが決まったというときに、次に課題になるのは家探しです。新社会人として一人暮らしを始めようと考えたら、どの程度の家賃を考えたら良いのでしょうか。無理をしないようにしつつ、どのような生活を送るかを考えて選びましょう。

全国の家賃相場と東京の家賃相場を知る

東京で一人暮らしを始める新社会人にとって重要なのが家賃の相場を知っておくことです。大学生の頃から一人暮らしをしていて、東京以外に住んでいたのなら特に注意しなければなりません。家賃相場が大きく違うからです。全国的に見ればワンルームや1K程度の部屋の場合には毎月5万円前後というのが相場です。利便性を求めれば6万円から8万円程度になますが、逆に立地や設備などをあまり気にせず安さを求めれば3万円台の物件も見つかる地域がよくあります。しかし、東京に住むとなると利便性も気にせずに郊外に部屋を探したとしても5万円を下ることはほとんどありません。都心部になると狭いワンルームマンションでも9万円程度が家賃相場になっているため、大きな家賃負担になることは覚悟する必要があります。他の地域に比べると生活費を家賃が圧迫せざるを得ないのが東京暮らしなのです。

家賃は生活費の大半を占めるものだから、抑える方が何かと楽

新社会人になると大学生の頃に比べると収入が増えます。だからといって家賃にその大半を使ってしまうと生活が苦しくなるということは理解しておきましょう。大半の新社会人にとって生活費の大半を占めているのが家賃です。月収が20万円あったとしても、毎月10万円のマンションに住んでしまうと半分が家賃に持っていかれることになってしまいます。残りのお金で一ヶ月を生活するのに問題ないかと考えてみることが大切です。一般的に言われるのは月収の三分の一程度に抑えて生活すると生活費の負担が苦しくなくて済むということです。日常的にはそれ以上を家賃に費やしていても大丈夫であっても、病気や事故に遭ったり、冠婚葬祭が重なったりすると途端に生活が苦しくなってしまうでしょう。ゆとりのある生活をするためにできるだけ家賃を抑えておくに越したことはありません。

家賃を抑えてお金で遊んだり、貯金などをしてリスクを抑えながら楽しむ方が良い

新社会人になると生活のパターンが大きく変化します。昼間は仕事をすることになるものの、夕方からは自由になるので毎日趣味を楽しむこともできるでしょう。週末には二日間の休みがあるので、その時間をうまく使って遊ぶこともできます。しかし、何をするにもお金がある程度はかかってしまうことは否めません。娯楽費を確保しておくことは仕事とプライベートを分けて、プライベートを充実させるために大切な観点です。そのために家賃を抑えるというのが重要になります。毎月の家賃を一万円下げることができれば、それだけで一万円を遊ぶのに使うことができるようになるのです。遊ぶつもりはないという人であっても、貯金をして将来に備えていくことができるでしょう。少しでも手元にお金が残るように部屋選びをしておくとリスクを低減させることができ、使いたいときには使うお金があるという状態にできるのです。

まとめ

新社会人になると収入が増えるため、東京で一人暮らしをするための家賃をまかなえることはよくあります。しかし、家賃にお金を費やしすぎてしまうと生活費を圧迫してしまうことになりかねません。新社会人の給料の半分程度を取ってしまうことにもなりうるのが東京の家賃相場です。少しでも家賃を節約するという考え方を持つのが生活を充実させるために賢明な考え方でしょう。賃貸生活をしている限りは住替えをすることは難しくありません。少なくとも新社会人として社会に出ていく一年目は節約することを考えておくと良いでしょう。収入が十分に増えてゆとりが生まれてきたら、それに応じて住替えをしていくようにすると、自分の身分相応の生活を営んでいくことができます。新生活が苦しいものにならないようにするために、十分な生活費を確保できるように心がけましょう。

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)