[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

一人暮らしの大学生の食生活を改善して、お金を貯める方法!

2016年11月18日
約 1 分
一人暮らしの大学生の食生活を改善して、お金を貯める方法!

一人暮らしを始めると、自分の好きなものを好きなときに好きなだけ食べることが出来るようになります。友達と外食したり、時にはバイトで疲れてコンビニのお弁当を食べたり、自分で作ってみたり。しかし食べるものを確保するにはお金が欠かせません。食生活を見直してお金を貯める方法を見つけましょう。

一人暮らし大学生の食生活の現状

大学生になり、一人暮らしをすると自分で食事を作ることが面倒になったり、そもそも料理ができなかったりすることで、コンビニ弁当や外食で済ませてしまうことが多くあるのではないでしょうか。また、友人や先輩との付き合いが増えることで外食にお金をかける機会も当然増えていってしまいます。そうなるとだんだんと食生活に気をまわせなくなります。実家にいるときは両親が気を配ってくれていたことでしっかりとバランスのとれた料理を食べることができましたが、一人暮らしだとそれを考えて作るのは自分しかいません。外食やコンビニ弁当での生活が続くと食生活の偏りから体調を崩したり、気分が優れなくなってしまうこともあります。そして一人暮らしをはじめて、このような困難に直面するときに毎日温かい食事を準備して出してくれていた母親の偉大さを知ることになるのです。できる人は自炊を行い、外食を減らす  “食費を削減することで一番重要なのが自炊です。凝ったものを作るのでは逆にお金がかかってしまうこともあるため、自分のできる範囲で自炊をしましょう。大学生になると勉強やバイト等で料理に費やすことのできる時間は限られてしまいます。そんなときは時間のあるときに多く作って冷凍したり作り置きを活用して自炊をしていきましょう。

食生活を見直すためにも自分が何を使って、何を作るのかを把握することはとても重要です。外食だと何を食べたのかをいちいち考えずバランスも崩れがちですが、自分で材料をみながら作ることでバランスを気にしながら足りない食材を補っていくことができます。自分の食べたいものを工夫しながら作ることもとても重要なことです。また、料理の楽しさにも気付くことができれば作れるものが増え、楽しみの幅が広がりますね。

できない人は一週間に使える金額を決めて便利な学食などを利用する

大学生になれば大学内の学食を使うことも工夫の1つです。学食は大学生の食生活を考えて、バランスのとれた食事メニューが提案されています。また学生が対象ということもあり、価格もリーズナブルに設定されていることもあります。バランスのよい温かい食事をリーズナブルにとることができる学食は、上手く利用することで食費の削減だけでなく食生活の改善にもつながっていくのです。また、一週間に使える金額を自分で設定し、意識することで無駄遣いを減らすことができ、相対的に効率的に食費にかかる費用を減らすこともできます。自炊ができなくても利用できるものを効率よく利用することで工夫し、食生活の見直しとお金を貯めることの両方が可能になるのです。体に優しくお財布にも優しい学食をいかに上手に利用していくかが鍵になることもあります。

まとめ

大学生の一人暮らしは自由で楽しい時間がたくさんあり、どのようにお金を使うのかも自分次第です。しかし実家のときとは違い、食生活について自分で気を使い自分でやりくりしていかなければなりません。お金についても好きなものだけを食べて無駄に消費してしまうのではなく、健康に気を使いバランスのよい食事にあてることも重要になってきます。そうして貯めたお金を別の趣味や友人との交流や親孝行等、別のことに使うことができると達成感がわくのではないでしょうか。料理の出来る人は自炊を、できない人は学食やスーパーのお惣菜等を上手く利用して、食生活と食費を見直していきましょう。楽しい大学生活は正しい食生活から始まります。食生活を疎かにしてせっかくの楽しい時間を体調を崩して台無しにしてしまわないように、様々な工夫をして健康で楽しい生活を送りましょう。

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)