[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

「東京で一人暮らしを始めるなら、絶対に押さえておきたい4つにポイント!」

2016年12月7日
約 1 分
「東京で一人暮らしを始めるなら、絶対に押さえておきたい4つにポイント!」

会社や大学のため上京して、東京で一人暮らしを始める人も多いかと思いますが、その時にお部屋探しに迷うとお悩みになる方もいらっしゃると思います。ですから、今回はそんな方のために、東京で一人暮らしを始める際の、お部屋探しのポイントを紹介していこうと思います。

 

東京で一人暮らしを始める時の4つのポイント

今回は東京で一人暮らしを始める際に、押さえておきたいポイントとして、

4つの重要なポイントを紹介します。初めて一人暮らしをする方や地方から出てくる方には、特に知っておいてほしいものを挙げようと思います。

 

・ネームバリューでエリアを決めない

地方から上京してくる人に多い傾向ですが、住むエリアをネームバリューで決めようとするのはやめましょう。よく多いのが、恵比寿・中目黒、お台場・豊洲、自由が丘、六本木・麻布など、吉祥寺など、都内の人気エリアを候補に挙げることです。これらのエリアは都内の中でも家賃が高く、初めて東京にきて一人暮らしをするエリアとしては適していません。もし、頑張って麻布エリアで予算内の物件を探すことができたとしても、それが7万円代だとしても麻布エリアでは相当な訳あり物件である場合が多いです。ですから、遊ぶエリアと住むエリアは違うと理解して、ネームバリューで決めないようにしましょう。

 

 

 

・はじめから無理をしない

2つ目のポイントは、はじめから無理をしないということです。よく家賃を月収の3分の1と言われていますが、手取りが20万円以下の場合は月収の4分の1を目安にしてみてください。というのも、家賃だけで手取りの3分の1を持っていかれると、生活費や自由に使えるお金が少なくなり、圧迫した生活になることが多いからです。住みたいお部屋の条件が色々とあるかもしれませんが、まずは予算を低めに設定して、条件に優先順位をつけ予算内で自分の希望に合うお部屋を探してみてください。

 

 

・とにかく住みやすさ重視する

3つ目は、1つ目のポイントと少し被るのですが、ネームバリューではなく、住みやすさでエリアを決めることです。具体的なことを挙げると、スーパーやコンビニ、商店街が近くにあるか、病院や公共施設が近いか、アクセスは良好かなどです。駅近で商店街が近くにある物件は高いイメージがありますが、それは人気のエリアの場合であることが多く、少し郊外に出るとアクセスも周辺環境も良好で、家賃を低めなお得な物件は探せば割とあります。ネームバリューがるけれど高い家賃を払って不便なところに住むより、少し郊外だけれど家賃もお手頃で住みやすいところに住む方が圧倒的に良いと思います。ですから、とにかく住みやすさ重視でエリアを探してみましょう。

 

 

・駅前の雰囲気や治安を確認する

最後のポイントは、防犯に関してです。東京と言われると少し物騒なイメージを持つ人はいると思います。実際は、思っている以上に危険ではないのですが、物騒なエリアがあることも確かです。ですから、用心することには越したことはありません。見極めるポイントとしては、住むエリア周辺の治安状況を調べることをまずやってください。そして、その後に駅前の雰囲気や家周辺の道を確認してください。駅前の雰囲気は住んでいる人の色が出やすいので、ある程度どんな街なのか肌感覚で知ることができます。家周辺の道は特に夜間時に人気があるのか、電灯はあるのかなど、実際に訪れて確認すると良いでしょう。女性の一人暮らしをする際は、治安は気になる項目だと思いますので、これらのポイントを参考にしっかりと確認してみてください。

 

 

まとめ

以上、東京で一人暮らしを始める際の、お部屋探しのポイントを見てきましたがいかがでしたでしょうか?

東京で一人暮らしをすると考えると、少しハードルが高いと思うかもしれませんが、今回挙げたことをしっかりと押さえておけば失敗する確率はグッと下がります。ですから、これから東京で一人暮らしを始めたいと思いの方は、ぜひ参考にしてみてください。東京にも自分にあったお部屋は必ずありますので、頑張って探してみてください。

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)