[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

学生・社会人必見!電車でやらないでほしい行為2

2017年1月27日
約 1 分
学生・社会人必見!電車でやらないでほしい行為2

前回、学生・社会人必見!電車でやらないでほしい行為1を書きましたので、今回はその続きとして書いていきたいと思います。

ドア付近に立つ時の注意点

ドア付近で座席の端を背もたれとして立っている人は多いですよね。

しかし、その時に気をつけてほしいことは、端の席に座っている人に、自分の荷物や髪がかかっていないかということです。特にロングへの女性に多いのですが、髪の毛が端に座っている人にかかってしまっていることがあります。あれは、大変不快で迷惑なので気を付けましょう。

濡れた傘を気にしない

雨の日の混雑した電車は特に周りへの配慮が必要です。まず、自分の服・所持物が濡れているということを忘れないようにしてください。

たまに、自分が濡れないように一生懸命傘の持ち方を工夫している人がいますか、その時周りが濡れないようにということをすっかり忘れてしまっている人が多いです。よく見かけるのが、立っている人の濡れた傘が座っている人の膝を濡らしてしまっている光景です。注意できる人ならいいのですが、なかなか言いにくい人もいますので、そうなると可哀想ですよね。気を付けましょう。

大声で話す

不思議なことに、通学・出勤時の電車では話し声はあまりしません。誰も話していないということもよくありますよね。しかし、帰宅の時間帯になると、電車の中はお喋りの声で広がっていますよね。そして声量を気にせず、ガッハッハっと大声で笑っている人もいれば、みんなに聞こえるような大きな声で話している人もいますよね。時々、朝の時間の静かな電車内でも、「みなさん聞いて〜」と言っているかのような声量で盛り上がって話している人もいますね。周りをよく見るようにしましょう。

車内で飲食

車内で朝ごはん?昼ごはん?おやつ?を食べている人もいますよね。

電車内では飲食が禁止されているわけではありませんが、飲食物はニオイを発しますので、それにより酔ってしまったり、具合が悪くなってしまう人もいます。ニオイのきついものは極力避けるようにしましょう。またゴミや食べかすは残さないようにしましょう。飲み物に関しては、電車がいつ急ブレーキがかかるかわからないので、細心の注意を払うようにしましょう。

まとめ

以上、二回にわたり電車でやらないでほしい行為について話してきましたがいかがでしたでしょうか?

電車内ではこう言った迷惑行為がよく見られますが、日常生活においても公共の場においては特に気にして生活をした方が良いことです。「自分のされて嫌なことはしないように」という周りへの気遣いを常に持つようにしましょう。

 

 

 

 

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)