[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

[東京]格安で安心な暮らしをサポートするWebマガジン

どれくらい?一人暮らしの家賃の目安とは?

2016年8月22日
約 1 分
どれくらい?一人暮らしの家賃の目安とは?

一人暮らしをしたい、一人暮らしをしていてそろそろ引っ越しをしよう、などと考えている時、最初に頭に浮かぶのは勿論物件探しです。そこで今回は、物件探しに役立つ情報として、一人暮らしの家賃の目安はどれくらいなのかをお教え致します。

一般的な一人暮らしの家賃額の目安

一人暮らし向けの物件を探していると、比較的安価な物件からゴージャスだったり好立地だったり、少々お高めの物件まで様々な物件が存在します。
しかし、物件は沢山あるものの、生活レベルをしっかり分析して自分に見合った物件を見極めて選択しなければ、生活が行き詰まってしまいます。仮に収入が15万円として家賃が10万円とすると、残りは5万円です。残りの5万円で光熱費、食費、通信費、交際費の支払い、日用品の購入などが出来るか考えた際、勿論その人の金の使い道にもよりますが、不自由なく電気や水道を使用し、バランスの良い食事をすれば無理が生じる金額です。
では、生活レベルを分析し、自分に見合った家賃を設定するにはどうしたら良いのでしょうか。

 

「収入の3割」の家賃法則とは?

一人暮らしの物件探しで自分の生活レベルに見合った家賃額を設定する際によく用いられる方法が「収入の3割」の家賃法則です。収入の3割を家賃額の目安にすれば、残りの7割で光熱費、食費、通信費、交際費などの支払いが無理なく行える範囲とされています。例えば、先程挙げた収入が15万円の例ですと、15万円×3割=4.5万円となります。この計算方法で算出した目安の家賃を元に許容範囲内の物件から更に立地条件や間取りを確認し、物件を絞り込んで行きます。先に立地条件や間取りから見ても良いのですが、やはり惹かれる物件は立地も間取りも良く、家賃額が高めになりがちです。その為、先ずは収入の3割を目安にするのが一人暮らし物件を探す上で重要なポイントです。

 

生活を圧迫しない家賃額にしよう

せっかく一人暮らしを始めたにも関わらず、家賃が生活を圧迫し、十分な食事が出来なかったり大好きな趣味を我慢したりしていては一人暮らしも苦痛になってしまいます。一人暮らしの醍醐味は自分の好きな時に好きなだけ時間を使える事です。有意義な一人暮らしにする為にも、好きな事に打ち込める環境を作る為にも、家賃の設定は非常に大事です。この家賃額を設定するポイントである「収入の3割」を押さえれば一人暮らしの成功への近道となります。どうしてもリビングの広さがもう少し欲しい、バスとトイレは別でなければ、などの譲れない点があるのであれば、譲れる点と譲れない点を明確にし、「収入の3割」から離れ過ぎない様、無理の無い家賃額で物件を探す事をおすすめします。

 

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)